アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバーウィーク最終日も飛べたよー

北東曇り予報。
どうしようか迷ったけど、連休中飛べなかったし(土曜は行くつもりだったけどさすがに台風で断念)、
行かなきゃ分かんない!ダメでもみんなと遊ぼう!とつくば便申し込んだのは昨日。
そして、誰もいないかなー、かもたま掲示板で誰か誘えばよかったなとちょっと弱気になりながら板敷に着いたところ、案の定閑散とした空気。
かもたま?ずは誰もいなかったし、
皆さん山に上がる気配もなくまったり。
でも意外に風は弱く、日照もあり。
これならいけるかも?と学生カーに便乗してテイクオフへ上がったら、そこは東っぽいけどたまにブローも入り、太陽が熱いくらいで蝉も鳴いてて。
日頃の行いがいいのかしら♪と
早めに出るつもりで組んだのだけど・・・
・・・・・(; ;)


11時すぎ、ウインドのトップバッターはM松さん。
伐採の向こうのヘアピンカーブの先、高度200?くらいでもうダメかというところから、じわりじわりじわりじわりと粘って、わずかながら上げていく。
そこへU田さんも向かって、ふたりでリフトをあたため育てていく。
足尾からこぼれたひとが合流しようとしたけど、全然からめず。「板敷の勇者をなめんなよー」とTOでは声があがったのでした。

でもふたりが上がってるところにMむしさんたちも追いかけたけど、届かず、次第に雲も広がり日照もなくなってしまい、あっさりぶっ飛び。
タンデムAントンさんは、もうB級の学生さんとなので、もっとソアラブルなコンディションを待つと。
私は飛ぼうかと準備しつつ、よぎるのは・・・やっぱりLDの不安。Aントンさんは飛んでいいよと言ってくれたけど、誰もいないところに降りるのはなぁ・・・。そしてできればソアリングもしたいしなぁ・・・。
そんなかんじで結局みんなでウェイティング。


13時、これ以上待っても雲は取れなさそうだし、フォローが強くなったら出れなくなるし、
飛べないよりは練習しよう!と思い切ってハマコからテイクオフ。
そしたらショップでお仕事してるとばっかり思ってたG田さんがいつのまにかLDにいらして、風を教えてくれる無線が入って一安心。
ぶっ飛びだったけど、いい勉強になりました。
(テイクオフ→微フォローのおさまったところでTO。Aントンさんから「文句をつけるところがない」と褒め言葉をいただいてしまいました・・・。びっくり感激。でも私は自分のやってることを、ひとつひとつ言語化できるわけではなく、感覚的な部分で動いてるところが大きいと思う。だから、まぐれと言われないように、もっとちゃんと自分の動きをひとつひとつ意識していくのが今後の課題)
(ランディング→東っぽく弱い風だろうというのは予想されたので、南風のときの高度処理ラインと東風のときのラインに対して斜めにスペースを使って広く高度処理をしてみるようAントンさんにアドバイスをもらって挑戦。でもいつもと景色が違うと慣れなくてなんだか落ち着かず。結局高めに入ってきてしまい、持ちかえてからさらに小さいターンをこねてなんとか無事LD。ちゃんとターゲットとの距離感を冷静に、見失わないようにしないと。いい練習になった。)

あと・・・
いつ出るかのタイミング、判断、やっぱり難しい。
こないだの十分一では躊躇して畳んで、たぶん正解だった。
今回も躊躇したけど、LDも荒れてるかんじではなかったし、ひとりでもたぶんなんとかはできたはず。Aントンさんも飛んでいいよと言ってくれてたわけだし。
でも躊躇して、結局ソアリングできるかもしれないタイミングを逃してしまった。
(飛んでたとしても、かなり難易度高く、撃沈した可能性の方が全然大きいけど)

自分の技量と、そのときどきのテーマ(クリアしたい課題)を自分の中で明確にしておき、まわりの方のアドバイスを受けつつ自分で判断していくことが、飛べる本数や(自分にとっての)いいタイミングを逸しないために、とても大切だなと改めて感じました。

さて、その後の板敷は。
続々とみんなぶっ飛んだ後、
東成分がしっかりしてきて一本で撤収。
勇者お二人は、つくば、役場、難台等漫遊して帰還されました。


と、いうことで。
渋い予報でもみんな来よう?!!

そして来春には・・・
つくばに行こう?♪!!!!!

ハマコ
スポンサーサイト

シルバーウィーク

19, 20は台風の影響で北風が強く、21日にようやく飛べる予報になりました。曇りっぽいけど南風予報。かもたまメンバーは、渋滞にはまって6時間かかってきたS藤さんとN村家。N村家も下道で渋滞を回避しましたが、着いたのは10時半頃。テイクオフに上がるとスタ沈回収中でした…

昼頃は曇っていましたが、減率が良いためか弱いサーマルはあって、がんばって上げて700mといったところ。下層は少し東っぽかったですが、上空は南っぽくて難台までも届きませんでした。昼過ぎにちょっと晴れてきて、900m程度までは上がったようです。夕方はリッジっぽくがんばって1時間ほど。

S藤さんも、昼過ぎに着いたものの、がんがん飛んで3本飛べました。そんな今日のS藤さんのテイクオフ。



もうちょっと早くベースバーに持ち替えた方が安定する気がします。ついでに、ランディングも。



明けて22日。朝は足尾の方は曇っているものの板敷はそこそこの日差し。今日のかもたま?ずは、N本さんとN村(だ)。

N本さん、10時半頃?テイクオフ。バリオ装着で準備万端。正面のサーマルで回し始め、うまく上げていきました。後で聞いたら+50mほど上がったそうです。



はっとり先生から、一歩目で体だけ前に行ってしまっているとご指摘を頂きました。その後は曇ってしまい、みんなぶっ飛び。N本さんも二本目へ。



スピードが抜けちゃって腰が遅れてへろへろ?って感じです

ランディングでのリベンジを誓って、3時頃にN本さんが3本目を狙ってテイクオフに上がりましたが、残念ながら北東フォローになってしまい、畳んで降りました。

ちなみに、これが21日のエマグラム。

2009092100.gif

こっちが22日。

2009092200.gif

ものすごく大雑把に言うと、右側の線が左に倒れているほど減率が良いことになります。21日は、22日に比べるとかなり減率が良かったのがわかります。晴れていれば、コンディションはかなり良かったのではないでしょうか。

女神輿ツアー

女神輿ツアー1日目。
張り切って朝4時半起きでショップ発。
しかーし、予報通り十分一はしとしと雨が降ったりやんだり。
風も東メインで強い。
初飛び組&我らがS藤さんは断念。
私たちはタカツムジに上がったけど、やっぱり風強くて誰も飛ばず。
仮眠後、女神輿!コンサドーレ!で楽しく盛り上がりました。
S藤さんのハッピ姿、いつものおっとりイメージとまた違い、なかなか素敵でしたー☆
ことみんは屋台の甘味に釘付け♪
(ハマコはコンサドーレのお座敷を転がり、壁のガス栓に頭ぶつけてスーパーボールをくっつけたみたいな見事なたんこぶ作成。えっへん)

さて2日目。
西風強めの予報にこれまた張り切って5時宿発で十分一テイクオフへ。
風は強めの正面。
しかーし、せっせと組んでるB級生をスコールのような雨が襲い、びしょびしょに・・・。
宿に撤収してひとっ風呂あびて、朝ごはん食べて、「あれは夢だったことにしよう」と再度出陣。
でも既にテイクオフは西風メインの強風。5-10mくらい?
ここで珍しかったのが、いっこうに組もうとしないJっきー。
いつも条件はさておき真っ先に組んで出ようとして止められてたのに!
Aントンさんにも「やっと理性が芽生えたか?」とコメントいただきました☆
さてさて一方大部分のひとたちは組んだわけだけれど、午前中いっぱい待っても弱くなる気配がないので、グライダーが飛ばされないように皆で協力しながら、泣く泣く撤収。
各車ごとにそれぞれお祭りやぶどう狩りなど楽しんで、帰路につきました。

そんな中、
ことみんとハマコ属するM岡君カーは、昼食後しぶとく再度テイクオフへ!
午前よりだいぶ弱くなって出られそうなタイミングはあるけれど、上空の西風は強く、雨雲が次々に流れてくる不安定な空気。
ことみんとハマコも一応組み始めたけど、
Aントン師匠は既に弥彦に旅立ってるし、
スーパーダミーHっとり君の浮かないテイクオフ(プチ十之瀬状態!?)にもびびって、
迷った末に結局飛ばずにたたみました。
後でノブさんにも聞いたけど、うちらのレベルでは飛ばなくて正解なコンディションだったみたい。
もっと強くなって帰ってきてやる!

S藤さんは、一度板敷に戻った後、マイカーで弥彦組に合流したとのこと。
飛べてたらいいなぁー♪

そして帰路がまたハプニング続出。
けんしろーとJっきー属するU田さんカーは忘れ物のため、一度白河で高速降りてたところから、福島飯坂から一つめの吾妻SAまで戻ったらしい。
そしてことみんとハマコのM岡君カーは、盛り上がりすぎてすっかり分岐を見逃し、東北道を東京方面に爆走・・・。
館林で気付いて、ヤンキー兄ちゃんにからまれながら下道でなんとか板敷にたどり着きました。

飛べなかったのはほんとに残念だけど、
いっぱい笑って、楽しいツアーでした!

次回は、
Yとさん初飛び&ことみん乗り換え十分一かな?
みんなで行こーね(^_-)-☆

ハマコ

9/5(土)

今日は北東っぽい予報で人は少なめ。かもたま?ずは、ことみん、いっしー、けんしろ、N(だ)でした。

ことみん、いっしー、けんしろーは足尾の講習バーンへ。N(だ)は板敷へ。

山は、一瞬上がるタイミングがありましたが、そのほかはしょぼしょぼ。まちかなが見つけたサーマルをみんなで強奪してがんばりましたが、上げそこないました。その後は、私も講習バーンへ。

みんな暑い中かなりがんばっていたようで、けんしろー曰く、いっしーは朝に比べるとびっくりするくらいいい形になったそうです。そんないっしーの昼過ぎの飛びっぷり。



ちなみに、元いっしーのファルコンは、武田ファル信という名前になった、といっしーが一生懸命語ってくれましたが、例によってネタが難しすぎてみんな???なのでした。

第3回テクニカルミーティング

ではでは・・・
8/29夕方に、Yじ、Hっとり両先生のもと開催されました第3回テクニカルミーティング概要を報告します♪
抜けてるとこあったら追加してくださいな。

☆マンフレッドネ申様の飛びとセミナーから
とにかく落ちない(滑空比が良い)のはなぜ?
→ピッチコントロールが滑らかなことと、コース取りが良いこと。
リフトの中でも、微妙に位置を調整している。(ドルフィング?)
でも、特別なことをしているわけではない。
一つ一つをおろそかにしていないだけ。
「一番失敗が少ないひとが勝つ」「ソアリングは教えられるものではなく経験。でもその前に知識が必要」と言っていた。

☆最近のスタ沈から
 ?板敷で
 両翼端しか引っかかっていない状況で、近くまで登れず、緊パラを落としロープを引き上げて確保した。
そして人が降りるとき、ベースバーに足をかけていたのを急に離したため?衝撃で結構身体が滑り落ち、皆ひやっとした状況が生じてしまった。
→本人が降り方を解っていなかったのでは?
 できるだけ本人の近くまで登って、意思伝達できるように努めること。
 タコ糸を持っているとスムーズ。
 とにかく、自分から降りようとせず、おとなしくしていること! そして無線はしゃべれる状態にしておいた方がいい。

 ?東北ツアー・秋田十之瀬エリアで
 スタ沈続出・・・
 TO下方のブッシュで風が死んでしまっていた。
 風が弱いときは、なだらかな上の方から走った方がよかった。

☆祝・とっつぁん初サーマルソアリングでトップアウト!
積極的に列の前に出てTOした情熱の勝利!
TOからLDに向かう丘のところでヒット。
U田さんのお導きもあったが、めげずに旋回し続けたのが良かった。
サーマルは、基本的に同日は同じところから立ち上がるので、上昇しなくなったら、同じところに戻るのが基本。
サーマルは、高度500までは比較的弱く、それより高くなるとまとまって強くなることが多い。板敷は足尾に比べ高度が低い分不利だが、弱いサーマルで鍛えられる。
煙の動き等もよく見ながら、
とにかくリラックスして飛ぶこと。
サーマルに吸われているときの滑るような感覚を意識。
コアにいることが重要なので、コアからどれだけ外れているかを分かるようになろう。
→センタリング時だけでなく、常に!翼のどっち側がどれだけ持ち上げられているか意識する練習をすると良い。

風向きを意識し、完全なアゲンスト(一番機体が安定し、まっすぐ飛ぶ)を目指してグライドする練習もすると良いかも。


ただ・・・
ソアリングできだすと、そっちに意識が向いてしまい、TOがおろそかになりやすいので注意!
TOのときは、TOに集中すること。


次回は9/26(土)予定です!
みんな参加をネ♪

ハマコ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。