アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直接対決(2010_0425) WSのおっさん vs. OPAのおっさん

24日(土)は空のカンジだけはステキだったのに、風向きは不向き。
みんな待望の週末晴れだったのにねぇ。まぁ、わたしぁ、どーせ土曜出勤日だったので、その分、日曜日に賭けるしかなかったわけで、関係ないけど。

で、翌25日。
絶好のコンディションを予感させる予報、そして朝の天気。
こりゃ出遅れるまい、といつもより早めに家を出て、学生カーに便乗。
結構、フロントローで組み、どうかなーと待っていると、続々と後続組みが。

「N本さん、もう、あとハーネス着るだけでしょ?」
とKつらさん。
あらら、もう機体をランチャー台に上げてくれて、場所空け始まるし・・・。

「あのぉ、・・・、もう少し待ちたいんですけど・・・・」
せめて横にのけといてくれればいいのに・・・。

かくして、ぶっ飛ぶことを承知で、OPAのK山さん、いっしぃさん(一本目)に引き続き、地味ぃ?にぶっ飛び。まぁ、正確には+40mくらいのゲインはあったけど・・・・。

そして、その一本目の前、久々に「Mr.国鉄」こと、H坂さんがお見えになっているではないか。
なぜか?、WSフライトブログによると、N本のライバルということになっているらしい・・・。
何もN本ごときライバルにしたってしょーがねぇじゃんよー、もっと上に目向けりゃいいのになぁ、と思いながらも、行きがかり上、盛り上げなきゃしょうがねぇしなぁ。
受けてたちましょう、男子らしく
というわけで、

「いやぁ、H坂さん、おはようございます。久しぶりですねぇ、今日は直接対決できますねぇ

と、元気よく挨拶。
と、
「いやぁ、N本さんはもう、W機だから、ワタシなんか敵いませんよ」
とH坂さん。

けっ、・・・・・、なんだよ、よわっちいなー。とともに、「じゃぁ、今日、N本が勝ちなら、そりゃ機体のせいなのかい?」と面白くなかったけど、そこはコトバをぐっと呑み込んで、と。

そして迎えた2本目。
やっぱり、状況はイマイチ。高いとこまで上がってた面々が徐々に垂れてくる局面、できるだけ早く出る。
一応、自分の前の人の状況を観察して、イメージを練る。
「ええと、あそこでターンしといて、あの辺で切り返して、尾根上まで上がるまではS字か。尾根上まで、上がったらセンタリングでごにょごにょ・・・・」。
ほぼイメージどおり。
徐々に垂れてくる局面での約500m、20分のフライト。
あぁ?残念やったなぁ。でも、Kつらさんがカッコ良さげな写真とってくれたから、まぁいっか。

※OPAさんのHGフライトブログから
http://opahangglider.seesaa.net/upload/detail/image/2010-4-2520(11).jpg.html
カッコよく撮って頂いてありがとうございました、Kつらさん m(_ _)m

N本_2010_0425

このN本のTOの直後、H坂さんもすぐに出たらしいが、自分のフライトの操作でいっぱいだったこともあって、
いやぁ、H坂さんが出たの気付かなかったなぁ。上げてくれれば気付いたのになぁ・・・・。

最後の3本目となると、もう西日になっていて、ぶっ飛び。
まぁ、少しあがいた効果もあってか、前みたいな4分のぶっ飛びじゃなくて10分くらい空中にいられたけれど。

夕方、
はぁ?、今日は、ことごとくタイミング外したなぁ。なんてことを思いながら(結構、悔しかった)、機体のお片づけ。

そしたら、MCさんがニコニコしながら、N本の方に歩いてきた。
「いやぁ、H坂さん、よっぽど自信なくしちゃったみたいだよ」
と。
で、MCさんから三歩下がって歩いてきたH坂さん、残念そうに
「いやぁ、ぜんぜんイメージどおりに飛べなかったよぉ」。

おぉ?今日は残念だったなぁ、オレの完勝だったな。
っま、そんなガックリする必要なんてねぇよ。実力の差ってやつなんだから。
練習して出直してきなよ。いつでも相手してやっからよ。

なんて、口が裂けても言ってませんよぉ?。

でも、↑のコトを書いた時点でもう「ひーる」だな、N本さんたら。


B証だし(H坂さんはCになったらしい)、同じFALCON170だったし、同じように、かなりのおっさんになってから始めたことだし・・・・、初飛びも1年くらいの差だし、・・・・となると、やっぱり、いい「ライバル」なのかも知れませんね。

まぁ、今日のところは、N本は、勿論「それなり」でしかないけど、一応、イメージどおりに飛べたことには、ちょっぴり満足できた。
H坂さんは、イメージの読み違えなのか、イメージどおりに飛ばせなかったか、のどちらで、自分に満足できなかったから凹んだ。
ということなのでしょうか。

そして、後日談。
H坂さんは、翌26日(月)もお休みを取って板敷へ。
OPAのフライトブログでも一面トップ扱いだし、WSブログでも、他のショップメンバーながら、号外扱いで「速報」が出るほど。
初4桁で、加波ゲット。
Congratulation!。羨ましい。


いいコンディションだったみたいで、良かったなぁ。
っま、オレも一緒に飛んでりゃぁ、もっと高く、もっと遠くまで行ったんだけどな


だから、「ひーる」じゃないんだから。誰もそんなこと言ってない、って。

ところで、25日はLD周辺、かなり暖まって荒れてましたね。
何機も水張りたての田んぼまでロングしてたもようだし(下図)。

これから季節、
国鉄氏を完膚なきまでに叩き潰すのもいいけど>(だから、そんなこと誰も言ってないって、「ひーる」じゃないんだから)安全第一で頑張りましょう。(了)


ありゃりゃ、やってまんがな(>

ねも爺あらため「ひーる」N本
スポンサーサイト

いっしーの週末

- 二週間前

いっしー、けんしろー、N村(だ)で、無駄にアウトランする連盟を結成。800mまで上がったらランディング以外のところに降りないといけないというルールが生まれる。

- 金曜日

昼ごろにN村(だ)にメールを送るも、夜になってさっくり振られる。電車とバスを乗り継いで行く事を決意する。

- 土曜日

いきなり寝坊する。仕方がないので追加で900円払って特急に乗る。線路内に人が入ったとかで電車が石岡で止まる。なんとかしてバスに間に合わないといけないので、2,500円払ってタクシーで羽黒へ。バスの時間ぎりぎりだったのでドキドキしながら羽黒に着くも、バスは発車せず。どうやら電車の到着を待つ様子。ここまでに使った無駄な出費、3,400円

北西が強そうなので、U田さん、はっとりくんと共に足尾へ。ビジターフィー2,100円払ってテイクオフへ。機体を組んで準備したところで、西ランディングがもうないのでXC証を持っていないと西には飛べないことを知る。ヒットポイントのほとんどを失う無駄な出費、合計で5,500円

ようやく東風が入ってきた2時近くなって東に飛ぶも、さっくりぶっ飛ぶ。そして雨が降ってくる。

- 日曜日

朝早くからテイクオフへ。見学に来ていた一年生にかっこよいところを見せるべく早々とランチャーに立ちテイクオフ。でも、まだ一年生来てないよ? 見せるべき相手がいなかったのが原因か、さっくりぶっ飛ぶ

すかさずリフライト。まだまだ上がる時間帯。細かいことはともかくぶっ飛ぶ。まだまだ早い時間帯。速攻で畳んでテイクオフへ。もう書くのが面倒くさくなってきたけど、ぶっ飛ぶ

そして、ついに4本目。今日飛んだ中でもっとも上がらなそうな時間帯になぜか上がる。I川さんを眼下に捕らえながら、900m。約束を守る巨神兵いっしー、足尾に向けて出発し、約束どおり無駄に五差路の手前に刺さる。

回収されて戻ってきたいっしー、誰よりも先に無駄にアウトランしたことを、けんしろー、N村(だ)はさぞ悔しがるだろうと思いきや、普通に喜ばれてしまい、なんだか複雑な気分。そんな、けんしろーを悔しがらせるために一言。

たまにしか来ないけんしろーが一番上がってるとむかつくから、今日はしてやったりの気分ですよ。

…いっしー、黒いよ。

だ(若干の脚色があるかもしれませんので、本当のところは板敷でいっしーに聞いてね)

PS. それはともかく、今週のレポートは、H坂さんに完勝したN本さん、お願いします。

Beautiful Sunday

報告を仰せつかりつつ、もたもたしてたら
先を越されてしまいました。
I川です。
というわけで、
18日は期待たっぷりのBeautiful Sunday!
九時半くらいにショップに着いたら、すでにガランとしており、
あとでM上さんに聞いたら9時2分には動き出していたとのこと。
大人たちの調子の良さに感服。
ところが、なにやら微妙な雰囲気がとれず、
昼を過ぎるくらいには「えー・・・なんでやねん」という雰囲気。
せっかくの新入生に、喜びに満ちあふれた板敷を見せることは出来ませんでした。
結局、実力差の出る条件で、
I川は2本、実力を見せつける淡泊フライト。
2本目は見事なテレマークを決めました。

で、なにやらモヤモヤしながら、
セーフティートーイングのテストにお邪魔してみました。
北の解体場の両脇に張られたワイヤーに取り付けられたリングから
機体の左右へロープがつながれ、
機体とハーネスが、スクーターから伸びたロープで引っ張られるシステム。
いきなり、くんっ、って引っ張られる感じで、なんか妙な感じ。
最初、ノーズを普通に構えていると、
浮かずに少し走ってしまいましたが、
ノーズをあげ気味にしておくと、すぐに浮いて、
あとはもう手を放してしまってもいいらしいけど、
ついバランス取ってしまいました。
まだいろいろ試している最中みたいでしたが、
ちょっと遊園地みたいで、おもしろい体験でした。
ここまで自動化されてくると、
反対側にもスクーターつけて、
自動的にスタート地点まで戻ってくれないかなぁ、
などと、思ったりしました。


昨日が半袖で今日がマフラー、みたいな日々が続いてますが、
The 春 という天候はくるのかしら?
カゼ引かないよう、ケガしないよう、みなさまご自愛ください。

IIIII

1年生見学中

もう一年生がやってくる季節になりました。今年も学生のみんなががんばって一年生を連れてきてくれます。今日は6人。

P1020105.jpg

1年生じゃない人が若干一名紛れ込んでいます

かもたまメンバーは、学生時代がもはや遠い過去となったN本さん、いっしー、I川さんとN村(だ)。

北西風がしつこくてなかなか風が入ってこず、飛べたのは1時半も過ぎてからでした。600mくらいより上に抜けた人は北へ、その他はみんなでそろって北風のランディングへ。K手君からの厳しいお達しもあり、みんな気合を入れてランディング。

色々やっている間に、いっしー、N本さん、I川さんは二本目も飛んでいました。今日のビデオは、フレア直後が若干ナルシーっぽいいっしー。



テイクオフの桜も満開でしたよ。

P1020103.jpg

S藤さん、だーいぶ

XT初飛び



どきどきですね。

4/11(日)

4/11 カモタマメンバー 中だん コトミン N本さん I川さん 帝王 
昼から前線が来るということなので早めにあがって準備をし10時くらいから
飛び始めました、コトミンXTフライト2回目だそうです、天気がころころ変わってあまり良くは上がりませんでした。
疲れたので僕がリフライトを断ると
いっしーさん骨でも折ったんですか?
あのう骨折れればLDで平然としていません神戸の若松公園にある
でかいロボじゃあないんですから、痛覚は普通にあります。また他の人からは
病気にでもなったんですか?
だから5分ほど前に普通に飛んでたんですからそんな急に病気になったりしません
7月24日からJR東静岡駅前に出現出るでかいロボじゃあないんですから
リフライトしないのをそこまで不自然に考えないでください。

by石

4/3(土)

4/3 日記担当という重大で濃厚かつ神秘的な大役を仰せ仕ることになった Y 戸ですが、基本的に周りの方々を観察する余裕が無いために、表面的な態度は必死に取り繕っていますが心の中には余裕のカケラもないために、とりあえず自分の日記だけです。

今日は曇りのち昼頃晴れのち夕方小雨、風は概ね南、風速はそこそこという感じでした。絶好過ぎる、とうとう Y 戸の時代が来てしまった ! と前日から期待していたんですが朝起きたら電車出発 7 分前とかでコンタクトを入れる間もなく久々に眼鏡でやってきたのでした。

今日のかもたまメンバーは N 村(だ)さん、いっしーさん、けんしろーさん、今日は独特な赤ちゃんスーツで来られた N 本さん、相変わらず山では一番下っ端の要誘導 Y 戸でした。

それで今日は久々に平和なコンディションでランディングの練習もやりたい放題で上達して無線誘導も不要となって今後 A 東さんに大きな顔はさせまい、という妄想をテイクオフ直前までしていたんですが ... いざ飛び出してみるとあまりの風のムラ加減にもみくちゃに弄ばれて、涙が飛び出しました。春の風はそういうものだと聞いてはいたのですが、想像以上でした。いきなり浮いたと思ったら自由落下したり、片側の翼だけ煽られて思ってもみない方向に曲げられそうになったり ... 夢に出てきそうです。

それでランディングはやはりそんな風の状況で悪戦苦闘しつつもファイナルターンの高度と方向だけは根性と気合で守り通した ! ... と思ったら最後に気が抜けてちょっとふらついた挙句段差の金網に突入してノーズクラッシュ ! そこから立ち上がって機体を運ぶのも一苦労。春風との闘いは真っ白に燃え尽きました。... 本当に疲れましたよ ?

私が直行で降りてきた後は何があったかわかりませんが、かもたまメンバー含め浮いていた人々も続々降りて来られたようです。何があったんでしょうかね ?

その後昼過ぎに風が弱くなってからもう一度飛ぶ人が飛んで本日はクローズ。私も飛びましたが今度は空中は煽られることもなく快適でした。ただランディングが東だったので苦戦。A 東さんの無線誘導のおかげで難なきを得ました。ありがとう A 東さん ! でも早く A 東さんを超えてみせます !

それにしても、私の地元愛媛の山はみかんの木しかないのでともかくとして、茨城の山も桜を見ませんね ? 桜って山に生えているものではないんでしょうか ??

Y戸

I川さん初一時間超え

3月最後の週末はなかなか良さそう、もしかすると少し強くなってしまうかも、な予報。

かもたまメンバーは、毎回来るたびに強風を呼び込む帝王Yまとさん、N本さんの当面のライバルI川さん、最近恒例のスーツで登場のN本さん、相変わらず大きいいっしー、N村(だ)。タンデム&講習体験の方も3人。

いっしーは早めに飛んで少し浮いていましたが、しばらくすると飛んでいたみんな一斉にランディングへ。いっしーは、高度処理するあたりでかなりいい感じで回して、100m以下から上げなおしてきていましたが復活ならず。残念。

今日は月例会ということで、タスクを決めるHとり先生とU田さん。

P1020026.jpg

その後、風がどんどん強くなってきてしまい、角なし軍団は飛んでいましたが、他はおとなしく井戸端ならぬ機体端会議。タンデムも風が強すぎて飛べず、解体場での講習体験へ。Yまとさんも一緒に解体場に行ってしまいましたが、その頃テイクオフでは、ひっくり返りそうになるYまとさんの機体と格闘していたのでした。

3時を過ぎるとようやく風が落ちてきて、みんなでリッジを行ったり来たり。I川さんも1時間半近く飛んで、体がバキバキになりながらも、新しい機体にも慣れてきたようです。乗り換え直後にいい飛びができると安心ですね

Yまとさんも、無線誘導に従ってリッジでいい感じで飛んでいたと思ったら、途中からA東さんの前に出るようにという無線をまったく無視してリッジですいすい。ランディングでもG田さんの誘導を無視してぶんぶん。結局、無線の電池が切れてしまったということのようですが、結果的には誘導なしでランディングして壁を越えたようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。