アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十分一ツアー

ご存知の方も多いと思いますが、6/12, 13の週末で十分一ツアーがあります。最近飛んでない人も飛びまくっている人もぜひ行きましょー。

詳細は、Windsportsのブログの、十分一ツアーやります!!で。

ところで、今週は曇りでしたがどなたか行きましたか?もしいたらレポートよろしくです


スポンサーサイト

初 long

ファイナルターン ! よし今日もランディング絶好調 !

... あれ ? 思ったよりちょっと高いかな。やむをえないから無理やり落とすかな。

... げぇ !? ぜんぜん落ちない ?? あ、もう無理。道に降りる ? いや、スピードつきすぎたし、それも無理そう。... 田んぼか (T_T)



というわけで初ロングです。... ちくしょおおお ! ま、一回くらいロングするのはフライヤーとしての貫禄に必須かな ... でも一回だけですよ !?

その後の反省会などにて多くのアドバイスをくださった方々にこの場をお借りしてお礼を申し上げます。


おまけ

サブの草が高すぎて目測を見誤りました。こんなに高いとは ...

おっさん直接対決 2010_0516

結論から先に。

いやぁ、今回は完敗でした。残念。
ごめんなさい、G田さん、A東さん・・・。
今回は国鉄ことH坂さんに完敗でした

1本目。
昼ごろだったでしょうか。
み?んなキモチよくソアリング。
よっしゃー♪と出て、+50mくらいまで上げるも、ん?、あれれ、リフト外れちゃったよ・・・。
というわけで、みなさんが軒並み30分とか、+200?300mくらいは上げているなか、たった9分、あー情けなや
で、N本の後に出たH坂さん、しっかり上げてたなぁ。
もう、滞空時間も獲得高度も完全にN本の負け

恐れ入りました。
これでもう高飛車なことは言えません・・・。再び完勝するまでは。

↓あー情けなや、の1本目フライト

2010_0516_N本1本目


それはそうと、自分だけがいとも簡単にぶっ飛んだことにどうしても納得がいかず、
このままじゃ今日は終われん!
と、炎のリフライト。
しかし、もう15時半・・・・。

でも、機体を組んでいる間に出たM永さん、いい感じでソアリングしているではないか。

というわけで、悔しさ帳消しにするためのリベンジフライト、15:40分発。
滞空時間約30分、獲得高度+350m。
それなりに納得して、H坂さんに完敗したことの悔しさ以外は帳消しに。
何よりも、一旦、上げてその後高度を下げても再び上げ直せたことが良かったです。


2010_0516_N本2本目

いやぁ、H坂さんも飛べば良かったのに。
きっとH坂さんが飛べば、1000mくらいまで上がって、N本を見下ろしてくれたんだろうなぁ。


えぇっ、それとも、もしかして、N本に叩きのめされるのを恐れて勝負を避けたかぁ?。

あ!、いかんいかん!、直接対決で完勝するまで、こんなこと言えないんだった(^^ゞ)


でも、LDで聞いたらM永さんは、高度処理に入ろうか、くらいのタイミングで、太くて(風で曲がっていない)まっすぐなサーマルをヒットし、1200mまで、楽ちんソアリング(*1)を堪能したそうな。
結局、N本は、また今回も雑魚釣り(*2)にハマッタのね・・・・。

飛んでる間は、M永さん何処や?と、ちらちら探して、あわよくばその下に付こうと思ったけど、はるか彼方の見えないとこまで上がってたわけね・・・。

*1 N本が勝手にネーミング。風で曲がっていないまっすぐな強いサーマルのコアにバシっと絡み、バンク角を一定に保ちさえ続けれて楽チンしてても、バリオが大喜びしながら、あっ、ちゅうまに高高度獲得できるソアリング。N本も一度だけ経験。

* G田さんネーミングの愚かしい行為のこと。今、自分が乗っている、そんなに大したこたぁないサーマルで頑張り続けてしまい(雑魚にハマり)、いいサーマルに乗る(大物釣りをする)機会損失をすること。ビギナーに多い?らしい。「いやぁ、G田さん、雑魚でも数釣れりゃあ、それなりには楽しいんですよ」とN本が言えば、G田さんも、「んー、まぁ、そう言えば、オレも飛び始めた頃はそうだったかも」、だそうな。

↓Google_Earth上でのツアー再生を画面キャプチャして動画変換してみました。

その1 
テイクオフ後、+350mまで上げ、新たなサーマルを探すべく伐採に向かうまで。
なお、T.O付近のゴニョゴニョしたラインの塊は、電源を入れた直後に、GPS電波を拾っているときの誤差です。




その2 
伐採で何もなく、再び戻って、+250mまで上げ直し。飛跡ラインの密度の濃さが雑魚釣りにハマッタことを物語ってますね。




なお、今週22日はレッドファルコンズが、2名タッグで登場。
気になる?対決の結果は、また後日。

今度の週末こそいい飛びができますように。

N本。

いっしー褒められる

晴れ予報でかなりたくさんの人が集まった土曜日。でも、実際は高層雲が張った上に、盆地内は真っ白。かもたまメンバーは、ニュータイプの帝王、I川さん、いっしー、N本さん、けんしろー、N村(だ)。

昼過ぎから少し日も差してきてソアリング可能になり、いっしーもソアリング。で、M松さんや、T海さんに褒められる褒められなれていないいっしーは、どうしていいかわからないらしいので、これからはやっぱり厳しい態度で臨んでください

そんな今日のけんしろー。なんか黒くてかっこいい(本当は単なる露出不足

P1020244.jpg

その他のけんしろー写真は、2010/5/22のけんしろーに上げてあります。

今日のおまけはY戸さんのランディング。ばっちり、ど真ん中です。



5/21(金)

かもたまメンバーいっしー、Iカワさん他5人
天気がいいと思ってきましたが、微フロー+無風で天気予報の南風は来ず、もれなくぶっ飛びました。
ただ一人ダイモ○さんが1200足尾リターンしたそうです。
何が違うのか色々考えましたが、機体や腕はそんなに差はないはずなので
たぶんサングラスをかけてなかったのが差が出たのだと思います。
今日はテイクオフでほめられましたが、”大して上手くはないけどまともになったすごい”
とのことおかしい考えてみると2割もほめられてないきもしますが
脳内変換でべた褒めされたことにしておきました。

by 石

祝 250m

2010 年 5 月 16 日、どうなるかよくわからない天気でしたがとりあえず板敷に風を呼びにきた Y 戸です。結論としては風はチョッピリ強めの南東、天気は晴れ。かもたまメンバーは N 村(だ)さん、いっしーさん、I 川さん、N 本さんでした。ケンシローさんはつくば駅集合に遅れた(?)ために A 東さんに置き去りにされたのでした。真実はどうだったのかよくわかりませんが。

さて先週ランディングがボロボロで帰りの車の中で色々とお叱り AND 激励をいただきましたので無理をせず安全第一で飛びたい Y 戸です。これ以上トラブると沽券に関わりますので。

でもそれより前に、GW に私が来れなくてバーベキューに行きたかったなーと言ってたのに G 田さんが気を利かせてくださってバーベキューを開催してくださったそうではないですか。... 私が来る前日に !! (T_T) (T_T) ... ああ、用事があったとはいえ無理してくればよかったですな??。風はよくなかったらしいですが、くればよかったな??。

さて先週から機体にカメラをつけて動画を撮ってみてまして、とりあえず四の五の言う前に載っけてみます。今回は文章より動画メインで。

一本目:
先週から個人の勝手な判断でグルグル回してます。それにしても、うーん、盛大に外してますねー。それと旋回が妙にカクカクしてます ?



まあでもランディングはショートとはいえ安全に降りれたのでよしとしましょう。

二本目:
テイクオフ付近でバリオが鳴り出したので回してみました。動画を見た感じテイクオフよりは微妙に上がってたみたいですね。途中で K つらさんのタンデムが近くなってきたので怖気づいて他の場所へ逃げました。(私のコントロールではぶつかりそうになったとき避ける自身がないため)結局その後はほとんど何も見つからずに諦めてランディングへ。まあ私のレベルではこれでも上々ですね。



ちなみに左にしか回さないのは宗教上の理由ではありません。なんとなくですが ... N 村さんがおっしゃるところの「右に回すとなんとなく不安になるから」が最も正解に近いかも ? なんか右旋回は視界が狭くなる気分なんですよねー。

三本目:
五本目とかいう同期(?) H 里さんに続き、多分本日板敷最後のテイクオフ。私にはよくわかりませんがサーマルタイムらしいということで回す気満々で出発。一方で H 里さんはもうお疲れモードであまり山に近寄らず、程々に回した後すっと降りられました。

出てみるとテイクオフの目の前辺りに確かに結構大きなサーマルがあって、私がわけもわからず適当に回してもかなり上がりました。上がって上がって ... 250m ! 私の最高高度記録です ! お祝いのプレゼントなど随時お受け取り致します ? そしてそのあたりまで持ち上げられた後、流されてサーマルを見失ったのか ? それともそれ以上上がらないサーマルなのか ? 全然わかりませんがバリオが鳴らなくなったのでテイクオフ左手の山へ行ってみることに。こっち方向は行ったことがないのでワクワクするのです。

しかし思っていた以上に何もなくて、本当にリフトのかけらも見つからなくて、高度が下がってきたので敢えなくランディングへ向かいました。滞空時間は自己最長の 20 分(くらい)に比べると短いですがそれでも 10 分を越えましたので切り貼りして載せるか分割して載せるか考えたのですが、取り合えず初回だし切り貼りするのは面倒くさいしそのまま載せてみます。でもやっぱり暇過ぎるので次回からは切り貼りしましょうか。






降りるときにサーマルみたいなのに煽られましたが、こんなのも初めてです。怖いなあ。まあ無事降りられたのでよしとしましょう。... どうも無線がいつの間にか音量最小になっていたようで非常に申し訳ないですが。

それにしても今まで気づきませんでしたが動画で見ると私のハーネスの背中の部分ってモノを入れるスペースがあるんですね ! 今まで本当に気づきませんでしたが !

謎を解き明かす小さな勇気

巨人の星の歌詞で謎となっていた言葉の意味をついに解き明かしました。。
歌詞の意味がわからずに眠れない人もいると思いますがこれで眠りにつくことができると思います。

konndara-

見かけ倒し_2010_0515

予報は南東風。
しかし、テイクオフが、隙を見て出ようと思えば出れるタイミングもある、みたいなカンジ。
みんなで山に上がるも、曇っていたため、晴れ間を待ってたら、あららフォローになっちゃったよ。
結局、晴れ間を待たずに出たOパさんの数名、フォローになった後でも一瞬入る南風のタイミングを見て出た数名のみが飛べたのでした。
飛べた、といっても、U田さん、M松さん、OパのS井さん、Mムシさん、N工大K手君、I瀬君などのそうそうたるメンバーでさえぶっ飛び。おまけにLDがツラそう、ということで、15時ごろにみな撤収。後はBBQでしたとさ。

出れるタイミングででた人の飛びを見てても、一瞬、ふわっと上がるけど回すほどでもなく、その「ふわ」を過ぎると結構強烈などシンク。これを3,4回やるともうLDという状況でした。モチベーションも上がらなかったなぁ。

明日に賭けよう。

あ、BBQは旨かったです。
T田さん、Yきさん、G田さん、仕込みと調理、ありがとうございました。

オドロキだったのは、両手骨折のK上さんが、もう復活(社会生活に)。ご自身でインプを運転して来ておられました。土日を寝て過ごすのにもいい加減飽きたとのこと。
G田さん曰く、「まるでケモノのような回復の早さだ!」

それとKつらさんと話していたら、どうもこのブログは一部のOパのみなさんもご覧になっているとのこと。
なんとK山さんまで、N本にどう罵倒されるのか?と漏らしていたらしい・・・・。
いやぁ、レッドファルコンブラザーズとのやりとりは、あくまでもお遊びですよ、そんな、罵倒するだなんて、人聞き悪いなぁ、K山さんたら♪

明日こそは、良かハング日和になるといいですね。

ではでは。明日、板敷でお会いしましょう。

N本。

Y戸さんデー

5/8の土曜日は、いつも強風を呼ぶ男、Y戸さんがいましたが、朝から飛びやすそうな風。おそらく木曜日にゴミ出しをしたのが良かったのでしょう。

というわけで、強風でなかなか飛べないY戸さんのテイクオフ2連チャン。



最近、機体にビデオを付けるのが流行っているようで、Y戸さんも付けていたので、きっとそのビデオも公開されることでしょう



最終的には夕方に微妙に強風を呼んでしまっていましたが、無事3本飛べました。

おまけ:Yあささんのテイクオフ



こんな季節?の北(北西)風パターンランディング

2010_0509、不覚にも寝坊して思いっきり出遅れ(^^ゞ)。
タンデム体験のお客さんとともに、TOへ。
そしてみごと、ぶっ飛び・・・・。

↓はそのときのランディング。
この時期なのになんで、北風傾向?
吹流しを見ると西風っぽかったので、A東さんの教えどおり、南パターンのように北側農道の上あたりで高度処理を始める。
Kつらさんタンデムが見える。

G田さん無線、「Nもちゃん、Kつらの動きみてて」「あ、北だな」。

え!?、北、しかも冬ラン使えないし(という概念がアタマのなかで固まっていたが、動画を見ると、どこでもOっK?よぉん、というカンジでした)。

北パターンで、ランディング・ゾーンに下ろしたの1回しかねぇんだよな・・・。しかも、ランディングの上、サーマル出てるじゃん・・・。
ということで、一瞬、テンパりかけましたが、なんとか無事に軟着陸。
ソニックに乗り換えて以来、なかなか決まらなかったフレアもバッチリ(^^v)。

が、後でG田さんに聞いてみると、
「神社の木と解体場とのスペースをも少し離すように、県道側(OPAさんショップ側)で高度下げとくと、もっと良かった」
と。
自分なりには、セーフだなと思ったのですが、マージンの取り方の概念のギャップということになりますね。

また、解体場にいたKトミンの証言では、
「風切り音すごかったよ」
だったので、やっぱり、も少し離した方がよかったのかも

G田さん、A東さんに限らず、今後ともご指導のほど、宜しくお願い致します。

N本



直接対決 WSのおっさん vs. Opaのおっさん「ぶらざーず」

この記事には一部(かなり)脚色があります(たぶん)。また、汚い「ののしり」もありますが、当人たちは笑いながらやりあってるので、「まじ」ではありません(たぶん)。

5月2日
まだ前回4月25日のコーフンも冷めやらぬうち、一週間ぶりの決戦の日となる。
この日は、なんと、H坂さんばかりでなく、パラでP証?(XC証?)を持っているらしいS木さんまで参戦(強力だ!)。
国鉄めぇ、こっちはシングルなのにタッグで来るとは・・・。汚ったねぇ?なぁ。

っま、受けてたちましょう。男子として。

ちなみに、二人とも赤白のファルコン。っちゅうことはリングネームは、
"Red Falcons”(赤い隼)でキマリ。
うーん、強そうだか、弱そうなんだか、はたまた、ただのギャグなのか、よく判らん。
そんなRF「ブラザーズ」のテイク・オフ。

RFブラザーズ兄?(H坂さん)のテイク・オフ


RFブラザーズ弟?(S木さん)のテイク・オフ


そして対決。まずは1本目、H坂さん。
長袖Tシャツから出た手の甲と顔だけが異様に日焼け。
うう強そうだ。
なのにまた今日もまた、

「どうせワタシはシングルですから、W機には敵いませんよぉ」。

っけぇ?、弱っちぃのぉ?。
これぢゃぁ、チキンじゃなぇかぁ。


H坂さんが出る(↑の動画)をじっとみる。・・・、はぁ、ぶっ飛んじまったよ。
よっしゃぁ、これで勝機ありだな。
折を見て、西ランチャーから出る。
約25分のソアリング、600m。
N本1本目の飛び(この日イチバン良かった)

よっしゃ。まずは1勝、
一丁あがり。いんやぁ、チョロい、チョロい。

そして機体をLDで片付けていると、あれれ、H坂さん、いつの間にか山上げ&クルマ下ろし係になってるよ。
なんで??
「いやぁ、昨日のトレーニングし過ぎて、今日はもう筋肉痛クローズですよ」。
聞けば、東京・中野から松戸まで、平均時速6kmで歩き、さらにその後、20kgのダンベルトレーニングを2時間も続けたらしい・・・。
只者ではない!。

そして2本目、自主的な筋肉痛クローズのHさんに換わってS木さん。なかなかソアラブル。みんな浮いている。
で、S木さん、調子よく上げていく。聞けば、約30分?800mだったとか。ある程度まで一度上げれば、かなり長い間飛んでいられた模様。
それを見たN本、出たくてウズウズしてるのに、前の人がずーと蓋をしてしまい出れない・・・・。
「もう、早ぅしてやぁ?、あのランチャー台に上がってからクツひも締め直すなんて、やめましょうね、後ろ(N本以外にも)つかえてるんで」と心のなかでは叫んでいるのだけど・・・。
やっと出れたころには、ショぼくなりはじめ、いとも簡単にぶっ飛ぶ
・・・・くそぉ。

LDで機体を片付けていると、S木さんが下りてきた。

「今のはN本完敗。参りました」。
そしてS木さん。
「まぁ、出直してきな。いつでも相手してやっからよぉ」(どっかで聞いたようなコメントだ?
よ(^^ゞ)

で、横にいたH坂氏、

「いやぁ、今のはもう、かなり渋くなってきた時間帯だから、しょうがないんじゃないですかぁ」。・・・・、

あれ、いつもと違う、なんか優しいカンジ、こっちのショックなキモチも解ってくれてるのね、と思った瞬間、

「でもなぁ、せっかくダブル機に乗ってるんだから、N本さんだったら上げていかないと」

グサッ?。痛ぇよぉ?。

こうして一勝一敗。雌雄を決するべく、3本目へ。
機体を組むともう15時半過ぎ。
もう日は西に傾いてきたし、何にもねぇよなぁ?。
スターターしてくれた博士も、いつもの冷静な口調で、
「うーん、何もないんじゃないかなと思います」。
だよなぁ・・・。
先行のS木さん、LDへと一直線。
それを見ていたN本、LDへと一直線の軌道が微妙にタテ揺れするのを確認。

よっしゃー。
いつもどおり、TO後に右へ。
よしよし、微妙だけど、バリオ鳴いてるじゃん、+0.5mくらい?
弱っちくて場所が限られたショボいサーマルをつなぎ続け、23分、418m。
N本に続いて出た2機よりも常に高く、長く滞空。

ほーれ見たかRFブラザー「ズ」、黄昏のヒーローはオレだな。
っま、実力な差ってヤツだな

(これじゃ、ヒーローじゃなくてヒールだよ、ほんとに(^^ゞ)

しかも、押さえ込んだ2機の1機は、より上位機のライト・スポーツと来たもんだ。
相撲でいうなら上位喰い。

やっぱ、上位喰いするくらいじゃないと
「どうせワタシはシングルですから、W機には敵いませんよぉ」。
なんて、弱っちいコト言ってる場合おまへんでぇ?。

こうして、凱旋気分でLDへ。
Nださんもカッコいいシーンを撮ってくれたではないか。こりゃぁ、完勝で今日のビールは旨いな。
今日は特別に発泡酒じゃなくて、ビール♪。
なんて、油断したわけでは決してないのだけど・・・・。

↓Nださま、カッコよく撮ってくれてありがとう。
P1020183.jpg


LD上空、よしっ、これをファイナルターンにして、後はまっすぐと。
ん?高いな、バー引いて下げるか。
およよ?下がんねぇな、ほんでもって加速しちゃったよ。

よっしゃ、じゃ、脚早めに出して下げるべ。
んんんんん!下がらん、しかも結構加速ぇしちまったなぁ。

P1020187.jpg


Aトンさんからのレスキュー無線。
「対角線いっぱいに使え」

2秒後くらい
「そのまま行け」

さらに2秒後くらい
「はいゆるめてぇ」

あ、道超える・・・
P1020188.jpg


Aトンさん
「ハイッ、とぉ?っ」

思いっきりフレーをかける。





っじゅぼっ!
orz


心配して3、4人が状況を見にきてくれる。
「あ、大丈夫です。足元軟らかいところですから。ちょっとでも、この泥きっつぅ・・・・」

P1020190.jpg


ふと、西の方を見ると、ありゃりゃ、学生衆が動きを止めて、見てるよ。
新一年生のみなさんに、あまり見られたくないシーンを見せてしまったかも。
ごめんなさい、K手くん。
あの、おっさゃん、「どろんこ遊びも趣味みたいだよ♪」とかなんとか言って誤魔化しといて下さい。
ちなみに、この2日後、この田んぼには別の人が軟着陸(N本地点の2m横だった)。

気を取り直して、神社のところまで機体を運び、水洗い。
T海さん、ホースを用意して下さいまして、ありがとうございました。
はぁ、バリオ無事でよかった。このフライトに限って、出るのを急いで、デジ亀着けてなくってよかったぁ。と。

そうしていると、にっくきRF「ブラザーズ」が、嬉しそうにやってくるではないか。
「いやぁ、さっすがぁ♪。見せてくれますねぇ」

・・・、っせぇな?。
先週(4/25)に、田んぼ沈したH坂さん、ほんまに嬉しそうやったなあ。
自分でもブログに「田んぼ沈には注意しよう」なんて書いただけに、イタい?。

カメラを向けられ、しょうがないから引きつった作り笑顔のN本
本当に心から楽し嬉しそうなH坂さんP1020191.jpg


その後、RF「ブラザーズ」、二人してクルマでショップに帰りがけに、ニヤニヤしながら一言。
「じゃぁなっ。まっ、そう落ち込むなって♪、はっはっはっはぁ?」

くっそぉ。
次回はひねりつぶす(--メ)。


まぁこのようなわけで、3本目は、空中ではN本圧勝。
で、ランディングではN本惨敗、っちゅうことで、オマケしといってやっか

というわけで、本日の対決は、

1本目 ○
2本目 ×
3本目 引き分け

で、ドロー。

はぁ、ドローか。
ドロー、どろー、どろう、どろお・・・・・


え!?




「叫び」byエドバルド・ムンク
※ちなみに、この画像(ムンク作「叫び」)は、ムンクの出生国のノルウェーでは、現在も著作権が継続しているそうな(wikipedia)

どっ、っ泥汚?、泥男?




5/6

皆さんが GW 真っ只中の頃、私は仕事と私用で参加できなかったのでした。

しか??し!!たまたまかどうか知りませんが今年は 5/9 まで GW があるぜ??一般の方々ざまあ!というわけで 3 週間ぶり、5/6 に板敷に参上したのでした!スーツで出勤中の方々を横目に多大な優越感とチョッピリの罪悪感を抱きながら!

今日は私の貸切かと思いきや、ショップに着くと既に S 藤さんと M むしさんがいらっしゃいました。早く山に上がらないと風が強くなりそうということで S 藤さんが煎れてくださったコーヒーを味わう暇もなく猫舌の私はヒーヒー言いながら飲み干し、神速にて山頂へ。

山頂は OPA のメンバー含め 5 ? 10 人てところでしたが、それにしても風が思ってたより強いねー!私が前日ウェザーニュースで確認したところでは曇り時々雨、風は南の 3 ? 4 ってところでしたが、とんでもないです。もやがかかってますが雲一つない快晴、風はムラっ気がありますが最大だと 5m くらいでしたかね。私の感覚では。

空中では揉みくちゃにされそうですが、どうしよっかなー、ということで M むしさんにお伺いをたてると、ランディングはサーマルがあるだろうからおさまるまでしがみつければ良し、そうでなければ止めた方がいいよ、俺だってこんなコンディションで飛びたいと思わないし、とのことで様子見決定。S 藤さんはそれよりずっと前から夕方まで様子見決定。私は最近飛べてないからかなり焦り気味です。

結局 M むしさんはテイクオフされましたが、強風と格闘しつつ早めにランディングへ。ランディングは高めに入られたのにサブランへ。上から見てると 45 度くらいの角度で降下されてましたね。強風おそるべき。

それで結局我々は昼頃まで山頂にいて、A 東さんが様子見で登ってこられたのですがその頃はもうテイクオフ爆風。S 藤さんによると 7m くらいでしたっけ?コンスタントに吹いていました。当然ですが諦めて降りることに。

ところで GW 中にゴミが溜まりすぎてこれはもうゴミ処理場に捨てにいくしかないということで、私もヒマだから参加することに。GW 中に皆様にお楽しみいただいたその後始末を A 東さんとワタクシ Y 戸が!心を込めてやらせていただきました!ただでさえ私が 6,7,8 のコンディション悪そうな日に行くことを笑われてたそうですが ... チクチョー今回はツイてないーー!

それで缶をグチョグチョの袋から取り出しては捨てたり、瓶をこれは無色、それは茶色、あれは青と見せかけて実は無色とか仕分けしたり、なぜ捨てることになったのか訊いても訊いても頑なに教えていただけないセールを捨ててみたりな感じでした。もうちょっとで社会見学料まで請求されるところでしたが、逆に可哀想さをアピールして A 東さんには昼ご飯をおごっていただいたのでした。ごちそうさまでした。

さて「皆さんにお楽しみいただいた分のゴミ捨て」が終わってからは依然として爆風なので S 藤さんとショップにてシミュレーションをして、そろそろ機体が可哀想だからということで回収しにいくことになりました。

道中でご老人の運転される車とすれ違ったのですが、A 東さんが避けている横を通りすぎてもらうのに手間がかかったことにイライラされたのか気分がよくなったのか?A 東さんが自分は方輪が縁石に乗ったままだって進めるぜー!ということでお約束どおり縁石を乗り越えちゃって走行不能に。S 藤さんも顔は笑ってましたがかなり呆れ気味でした。ちょっとだけ頑張ってみたものの青バンは重くてビクともせず、割とすぐ諦めて JAF を呼ぶことに。私はこれは記念写真をとらねばっ!と思ったのですが携帯電話は JAF との通話用に A 東さんにおあずけしましたのでちょっと残念な感じでした。それにしても A 東さんは相当間が悪いでしょうねー、心中ご察しいたします。

それで待ってる間ボーッとしているよりは徒歩で山頂まで行って機体をかたずけた方がいいんじゃない?ということで S 藤さんと私は予期せぬ登山とあいなりました。道中 S 藤さんが「A 東さんは面白いかたですけど、自分が当事者になりたくはないですねー」と笑顔でおっしゃっていたのが印象的でした。

さて 30 分くらいで山頂まで到着したのですが、もう恐るべき爆風です。A 東さんによると 15m 級、台風レベル、レア天気とのこと。私はちょっと生身でランチャー台に立ってみましたが、気合を抜くと吹き飛ばされそうな感じです。我ながらこれほどの強風を呼んだのは初めてです。久々のハングでつい気合を入れすぎちまったかな。危うく地球を吹き飛ばすところだったな ...

後片付けも非常に手間がかかりましたが、無事完了して今日も無事帰宅できました。... 内容は散々でしたが!

結局 GW は 5/6 は飛べず 5/7 はそもそも風がよろしくないとのことで残るは 5/8 だけになっちゃいました。天気予報もかなり予測不可能な感じですが、どおなるか!?

Y戸

今日も無駄に

明けて土曜日。朝から西風ビュービュー。風車もグルグル。それでも、いっしー、けんしろー、N村(だ)で昼ごろにテイクオフに上がってみると、テイクオフだけは飛べそうな雰囲気。しかし、ランディングは風が変わりまくってかなりつらそう。

というわけで、2時頃まで待って、Mムシさんを先頭にテイクオフ。そんな時間でもサーマルは景気よく、けんしろーは1,700m、いっしーも1,000m。N村(だ)も、2,100mまで上がって、筑波山手前まで行くものの、かぶりをくらってあえなくモーパラランディングに無駄にアウトサイド。



N本さんC級ゲット

ゴールデンウィークはじめの谷間、4/30(金)は予報も良くて、かもたまメンバーは、S藤さん、N本さん、けんしろーとN村(だ)。

予報に反して東っぽくてなかなか上がりませんでしたが、S藤さんは3本飛んでXTにも少し慣れてきたかも?



N本さんは、A東さんが無線でプレッシャーをかけまくるなか、2本目のランディングがバッチリ決まってC級ゲット。おめでとうございます




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。