アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/17 十分一ツアー(Y戸)

記録によれば、私の初山頂@十分一は 2009 年の 10 月 3 日だったようです。まあこの日は天気悪くて実際本当に飛んだのは 10 月 4 日でしたが。その後 10 月 24 日に再度十分一にやってきたという記録もありまして、まあ何にせよそれ以来はずっと板敷で飛んでいて久しぶりに十分一に現れたのでした。

私はちょっと前から十分一に行きたくて行きたくてたまらなかったところへ 6 月 12 日の十分一ツアーが入り、だがその日は友人の結婚式で参加できず、ふて寝していたところへ 7 月 17 日の十分一ツアーが発生して参加したのでした。

そもそも何ゆえ参加したかったのかと問われましたならばそんなに陽気な理由ではなくて、執念とか怨念とか言った類の梅雨前線も真っ青のジメジメした理由で要するに十分一のランディングにいい思い出がないために精神的に克服したかったのです。... なんせ秋の十分一は計 4 本飛んでそのうちまともに降りれたのが最初の 1 本だけという惨状でしたので。

それで出発は板敷に 7 月 17 日(土)朝 0500 時集合とのことでしたので金曜日仕事が終わってから誰かに拾っていただいて夜板敷きに行く計画でしたがトラブルが発生して仕事が 2300 時に突入。これはもう無理か?土曜日に電車で行くのか?と思いきや U 田さんも仕事で遅くなるということで蒲田駅 0100 時集合で板敷に連れて行っていただいたのでした。それで到着したのが 0300 時くらい ? ... 過酷だ。こんなので数時間後に飛べるのかしらん ?? しかも靴持ってくるの忘れてましたよ ! ... 革靴で飛ぶのか ? 本気か ? と思いきや U 田さんが予備の靴を持っていたとのことでお借りしたのでした。まだ何か忘れてる気がする ...

十分一ツアーかもたまメンバーは N 本さん、I 川さん、私。そして特別ゲストにブラジル帰りの S 二さん。今回は十分一に嵐を呼ぶ男 Y 戸現る ! ということで G 田さんが相当警戒されていたという話ですが、期待を裏切らず ! 一日目は上がらずともテイクオフはできますよ、というコンディションでしたが突如 1600 時から 1,2 時間ほどサンダーストームでした。夕方晴れてからラーメン食べに行きましたが、そこのテレビ見ると普通に山形は冠水してるそうで ... また私のお天気コレクションに伝説的なのが追加されたことでした。

さて朝方はみんな 1 本くらい飛んでました。久々、本当に久々の自然斜面でのテイクオフはちょっと警戒しましたが割とすんなり出られまして、空中のほうは ... しらない所で飛ぶとどのあたりが上がりそうなのか見当もつかず、ちょっとバリオが鳴るところを通るも上がるほどではなく、とりあえずランディングへ直行。ランディングの風は弱い南で、久しぶりの十分一ランディングを制するには絶好のコンディションです。そして板敷きの今までの経験を生かし ! 全身全霊を込めてファイナルターン ! 着地 ! ... うまく降りられましたがかなりショートでした。ランディング端の解体場まで 200m。うーーむ、板敷の経験を生かしすぎましたか ... もっと臨機応変にやったほうがよかったですか。


ところが次に降りて来る人来る人みんなショート ! G 田さんに「こんなにランディング広いのになんでみんなそんな端に降りるの ?」と笑われちゃいましたが、やっぱみんなそんなもんなんですかね ??

その後は積乱雲が迫ってきて宿へ撤退、サンダーストームとなったのでした。U 田さんは窓が少しあいていた車が気がかりで玄関まで行って見守ってくださってたそうですが、足にピリピリ電気ショックがきたそうです。おそるべし。N ぶさん宅では雷を観ながらの酒宴が開かれていたそうですが、3 度停電して信号まで止まったとか。事故でも起きねーかなーと思って道路を見ていたけれども何もおきなくて残念だったとか。でも雨が降ったおかげで虹を見ることができました。よかったですね !

迫り来る積乱雲
20100717_十分一積乱雲

その日の夜の風景
20100717_N本さん3

2 日目は快晴。これはイケてるんじゃないの?板敷お留守番チームの悔しそうな顔が目に浮かぶぜ !
... が ! N ぶさんから連絡がありましてランディングが水没しているとか。
工工エエェェ(´Д`)ェェエエ工工
その可能性は思い浮かばなかった ! とゆうか夕べの夕立から半日以上経つのに、まだ水引かないんですか ? 想像がつかない ... というわけで皆で二度寝モード全開。まあ、初飛びの頃みたいな 5 時起きよりは私の性にあってるかな。ぐうたらオヤジですから。

その後 9 時だったか 10 時だったかに G 田さんが我々のあまりのだらしなさを見るに見かねてとりあえずテイクオフに行ってみることに。仰ることには、「どうせランディングがぐしょぐしょでも飛ぶんでしょ ?」私は大いにその通りでございます。

テイクオフから見たランディングは、まず機体解体所が見事に水没。そしてターゲット周りが水没、あのあたりには絶対に降りたくない。そもそも降りたとして車が来れるのか ? 丁度ランディングへ向かう途中の道を通る車が見えたので皆で観察していたところ、大きな水溜りでストップ。皆悲しい思いを吹き飛ばすために笑ってましたが、その車はなんとか水溜りを強行突破。... でも、解体所にはどう見ても到達できないよね。

しかし、モチロン ! それくらいで飛ぶのをあきらめるかもたまではありません ! というか後先のことは考えません ! 退かぬ ! 媚びぬ ! 省みぬ !! 帝王に逃走はないのだーっ、というわけで皆で仲良く無謀に飛んでみたのでした。私のカメラの方向がずれちゃってまともに写っていませんが、風は東でこんな感じ。一応これで十分一の東も制したかな。


ランディング駐車場は 10cm 以上完全に水没、そこに至る道はどのくらい水没しているのか不明、とりあえず駐車場では魚が泳いでいたようです。私もメダカとか、直径 5cm くらいはあろうオタマジャクシとか発見できました。... えらいこっちゃ。... 帰れるのだろうか ? しばらくランディングで皆でグダグダしてましたが、BOB さんが違う道から我々の救出に来てくださり、なんとかこの孤島から脱出できたのでした。
20100718_十分一水没

それからはテイクオフに戻るも誰も飛ぶ気配すらなし。風待ちかと思いましたがとりあえず皆あのランディングの惨状に屈していたようです。私も皆が飛ばないくらいだから飛ばない方がいいのかと思ってグダグダしてましたが、どういう経緯だったかともかくせっかく来たんだしもう一本飛んでもう一回泥まみれになるか ! という話の流れに。おっしゃ行きますか?? ! 宿の人は迷惑かもしれませんが? !

ランディングの風は ... 北東 ... 東 ... いや北か ! ゲッ ! ま東 !! というより不安定なのか ! ということで一か八かの東。危ない危ない !


その他のドロドロメンバーはこちら。




ちなみに一年程経って初めて ! 知ったことには Malibu のキールは折れるとか。折れるのは上級機と称されるものだけかと思ってましたよ ! それで嬉しそうに折ってみたものの、転がる転がる ! ... タイヤ付きの機体には無用な機能と知りましたことでした。A 東さんが敢えて教えてくれなかったのは多分そういうことなのね。
20100718_Malibuキール折り

夜は明月館に行ってだらだら飲んだり食ったり。その後はカラオケチームとかラーメンチームとかがありましたが、私は昼間騙されて契約してしまったたまごっちの世界のお金集め。延々と。現実世界でも辛いのに、何が悲しくてゲームの世界でも苦労してお金をためなければならないのかやや苦悩。(^_^;

さて最終日は水も引いてさぞ飛びやすかろう ! と思いきや西風。それなら高ツムジから飛べるのか ? と思いきや西はシングルでは届かない可能性があるとのこと。それでも「生きる力」を試すためにとりあえず西からみんな投げちゃおうか、と半分本気 ? で G 田さんはおっしゃってましたが、とりあえず十分一。とりあえず朝は出れそうな雰囲気。

先行したパラがテイクオフ近辺で上がっていたので私もそこに行ってみることに。とりあえず今回の十分一のランディングには無誘導にしては割と無事に降りられてるけど、全然上がってないからできれば上げたいよねー。が、確かにサーマルがあるものの上げられず。高度低くなってきたし残念ながらあきらめてランディングに向かいますかー。今のまま進めば次をファイナルターンでターゲットをちょっと超すくらいかな。ん !? シンク !! 高度処理中のシンクは初めてだ ! 早く抜けてくれ !! ... 全然抜けない !! タンデム並みの落ちっぷり (T_T) ... もうランディングは無理だ、諦めてあの乾いた休耕地に向かおう ... それさえ無理 !?


N ぶさんから Y 戸君綺麗になったねーとのお言葉が。(T_T) 白い上着はドロドロだし、機体もドロドロだし、ハーネスも無残だし、最低最悪です。おまけにランディングの水道はそんなに水でないし。

ちなみに後からお聞きした話では私はサーマルに入ったとき風下に向かってまわしていたけれど、それが NG だったとのこと。言われたら当たり前ですが ... なるほど、勉強になります。

しかしドロドロでもなお諦めず、最終日だしもうどうにでもなれという感じでリフライトへ。ところがすでに十分一は西風爆風で皆待機。今日はこれで終わりかー、と思ったところにやや南風が。ここぞとばかりに G 田さんテイクオフ。そしてやや出遅れましたが私も機体を組んでテイクオフ。どこをねらおっかなー、どうしよっかなーということで T 海さんにご相談したところ、皆が居る西の山に行ってみるといいんじゃない ? 但し上げる気で行かないと西風強いし戻ってこれなくなるかもね、とのこと。もうドロドロの私としてはアウトランしようが失うものは何もない、ということで無謀気味に西へ行ってみることに。

テイクオフはかなり煽られて、その後もかなり煽られました。かなり春みたいな感じです。山沿いに到達すると確かにリフトがあって浮く感じです。が、よくわからない私はそこでグルグル回しちゃってリフトをはずし、あえなくランディングへ向かうことに。... 皆上がってるのに、今日ほど自分がへたくそだと実感した日はないです。

西風爆風だし帰れないことを覚悟で出てきたのですが、それにしても進まないものですねー。コントロールできる範囲でベースバーも引いているのですが。まあ乾いた休耕地も進路沿いにたくさんあるし、電線さえ超えられれば問題ないでしょうよ ! ... ということで最終的にはメインランディングの隣の休耕地に降りたのでした。

後で聞くと私の後ろの人々はまたもや西風で出られず、結局出られたのは G 田さんと私だけだったみたいです。高ツムジも出られる状況ではなかったようで、結局これが十分一ツアーの終幕となりました。コンディション的には板敷の方がよかったらしいですが、私的には十分一のトラウマも克服できたしナカナカによかった感じです。... サーマルとかリッジで全然上げることができないという課題も見つかりましたし !! ちくしょーっ。

帰りは銭湯によって、焼き鳥を食べに行ったメンバーがいて、まんぷく食堂で夕飯食って帰った感じです。S 二さんは焼き鳥 10 本食べられて、さすがにもう晩御飯はいいよとおっしゃってたところでまんぷく食堂に連行されてせっかくだからということでチャンポンを注文されて、帰りの車中ではかなり苦しそうでした。

そんでもって私は板敷に帰ってから交通費清算時に金銭的にショートランディング ! ... 来週払いますということでツケてもらうことに。しかも八王子に到達する手段がもうないよ ? ということで T シャツ短パンに革靴という格好で新宿に泊まることに。ネカフェ難民です。追い出されるか、そうでなくても苦い顔をされるかと思いきや意外と普通にとめてもらえてよかったことでした。次の日仕事はさすがにパフォーマンス出ませんでしたねー。

という感じの十分一ツアーでした。またお盆にツアーがあるそうで、どうしよっか悩むところですが板敷はほとんど誰も居なくなるようなので多分また行きます ?
スポンサーサイト

そうだ!あの星を掴むんだ!

あのアラフォーの星を

というわけで、アラフォーの星を目指すN本さんを筆頭に、強風・雷なんでも呼べるY戸さん、扇風機服で登場したいっしー、けんしろー、N村(だ)が集まりました。いいタイミングで出るとしばらく浮いていられるコンディションでしたが、雲底近くまで行ったのは、さすがのM松さんだけだったのかな?

いい感じで飛んでいたものの、ぎりぎり届いたランディングで吹流しに当たってしまったY戸さん。



ぎりぎりまで粘ってワンターンでかっこよく降りてきたけんしろー。



そして、いいタイミングでしばらく浮いていたN本さん。



暑い中、お疲れ様でした。


三連休

7月の三連休。何人かは十分一ツアーに行ってしまったので、真ん中の日曜日に、いっしー、けんしろー、N村(だ)で板敷で飛んできました。12時過ぎ頃からソアラブルになり、いっしーからテイクオフ。



テイクオフ前でうろうろしているいっしーに対して、地上から好き勝手なことを言いまくってます。



本当は、このビデオを撮る前の方が好き放題言っていたのですが、ビデオを撮り始めると遠慮しだす面々。そんな外野の声にも負けず、1時間くらい飛んでいたような気がします。さらに暑い中リフライトして一時間くらい?

2ヶ月ぶりくらいに飛んだけんしろーは最後に出てきたと思ったら、ブランクを感じさせない飛びっぷりでするすると上げていき、人の事を上から見下ろして飛んでいましたが、いっしーの黒い呪いのせいか、パラシュートのピンが片方抜けてしまい、一時間半くらいでランディングへ。出ちゃわなくて良かったね

久々晴れの週末_20100710(土)_N本

今週の主な内容
 ・リッジソアリング、十分楽しめました。
 ・新兵器「ちゅるちゅる」(ドリンクパック)について
 ・再びベースバーを腰まで引いてみた
 ・H坂さん、S木さんに続く新キャラ登場!
 
今週は新キャラさん登場なので、かなり脚色入ってます

***************************************************

前日の金曜日の夕方になって、突如予報は快晴に変更。嬉しくなって、早く梅雨明けしてくれぇ?の願いを込めて、フリマで1000円で買った「あろは」を着てショップへ♪。
なのに、このところ天気が悪いせいだろうか、かもたまーずは、Nださま、I川さん、N本の3名+YJさまのみ。姿がみえなかったHTRさんは、なぜか合コン中との怪情報あり。

10時半頃にみんなで山に上がると、すでにOPAさんのメンバーがずらり。
S木さん、N本の顔をみるなり、軽やかに開口イチバン。
「今日は、H坂さん来てないですよ♪」
聞いてない!っちゅうねん。

っまアレだな。
せっかくの休日、わざわざコテンパンにされるために来てもつまんないだろうし。
みんなが来る日はあえて外す、ってぇのも賢明な選択ってヤツだぁーな。

なんて、言ってない言ってない・・・。

機体も組んで準備万端。
青い空でとっても気持ちいいし、南風も入ってテイクオフしやすそうなのに、営業タンデム以外みんな出ない。
どうも、リフトがなさ気で、みんな誰かがダミーになってくれるのを待っているよう。


うーん、どうしようかな。久々に天気いいから出てみたい気もするし・・。でも上がりそうにもなさ気だし・・・。
「っま、だめならサッサとリフライトすれば」というUえっちの一言に押されてランチャー台に立つ。
「じゃぁ、ぶっ飛んできまーす」とヒトコト言ってでる。
そして、お約束どおりに、ホントにぶっ飛ぶ・・・・。
容易に想像はついたが。
状況としては、ショぼいサーマルがぽこぽこ出始めていたが、本格的なサーマルに育ちきれていなかったカンジ。

しかし、どーゆーわけか、そんな何もなかったN本が出たその直後、角なし機の上級者も含め、みな次々にテイクオフ。そして、次々にぶっ飛ぶ


そんな1本目のN村(だ)先輩のランディング。



よっしゃ、これなら、すぐリフライトすれば、ちょうどいいタイミングに当たると、さっさと準備し、再び上がる。
ちなみにUえっち情報では、予報によると、この後は、”ばかリッジ”になる、とのこと
※「ばかリッジ」 ばかでも、XXXできるリッジのリフトが発生している状況、のことらしい。
XXXとしては、「ステイ」、「ソアリング」、「浮いてることが」など。


一足先に機体を組んだN村(だ)先輩、サーマル交じりのばかリッジ?のなか、気持ち良さそうに上がっていく。
が、その15分後くらいにUえっちが出る頃には、サーマルで上がっていた人たちが、だんだんと降ろされてくる。
「あれ、垂れてきたかも」
でもUえっち、リッジソアリングしつつ、要所要所でサーマルを拾い、徐々に上げていく。

最終的には、お二人は、難台を往復してきたもよう。いいなぁ?。

さらにそれから10分後、N本やっとテイクオフ。前の晩のビールが利いたのか、ちょっと腹痛ですっかり出遅れる(^^ゞ)。
うーん、確かに「ばかリッジ」だけど、サーマルはないなー、というのが出た直後の印象。
しかし、ばかリッジで粘っていると、TO直上、伐採と半島(TOと反射板の間から南に伸びた尾根)の突端あたりで、短時間で弱いながらも、ときたまサーマルが沸くのを確認。

半島でのリフトを使って450mまで上げ、反射板へ。
でも、行きと帰りでの沈下率の違いが怖かったので、一度途中で引き返して状況を確認し、安全ぽいと判断してリトライ。
無事、反射板ゲット。
そのまんま、吾国まで行こうかな、とも思いましたが、反射板からみた吾国は、ぽこっと盛り上がっていたのでちょっと不安に。
何せ、「ばかリッジ」だから、山が高くても、それに沿ったリフトがあって、多分往復できたのでしょうけれど・・・



その後は、350mプラマイ20mくらいの範囲で粘り、ときたま沸くぷちサーマルで400くらいまであげる、ということの連続。
結構、闘ってたかも。

そんな闘いフライトでしたが、今回は、暑くなってきたこともあるし、空中での渇きを潤すために、ちゅるちゅる(ドリンクパック)を用意してみました。前から先輩のみんなが使ってるのを見て気になっていたもの。パック容量が2Lのモノで、つくば市内の山やさんで3500円也。
↑の動画でも見えますが、ハーネスの背中から出ている青いチューブがストロー。

ちゅるちゅる(2L用ドリンクパック)

アクエリアスを1L入れて飛びましたが、約90分のフライトで約500ml消費。結構、飲んでるもんですね。
ストローを口に入れるのに片手が離れるし、慣れないとチューブ状のストローがぶらぶらして鬱陶しいかもしれませんが、これからの季節、いいかも。
ちなみにUえっち様は500ml用をお使いでしたが、容量不足を感じている、とのこと。

そして今回もランディングのとき、ベースバーを腰まで引いてみました(あいにくデジカメのバッテリ切れのため動画はナシ)。
前回やってみたときには、左右にブレまくったので、そのリベンジ。
結果、今回はブレることなく、実にスムーズに直滑降できました。ヒントは↓(良いコのみんなは真似厳禁)。
前回は、一気に引いたためにバランスを崩してしまったのでしょう。今回は↓のように、ジワっとゆっくり引いてみたわけです。ちなみに、↓、水面ぎりぎりで160kmということですから、その時点ではVGフルオンのはず。それからランディングまでの間、いつオフにしてるんだろう。



結局、1本目は、むだにぶっ飛んだだけでしたが、2本目は「ばかリッジ」を堪能し、90分ほど浮いてられたので、結構満足な一日でした。
S木さんも2本目は長いことソアリングしてことだしほんとうに楽しかったですよ、H坂さん、Iっしぃさん♪

そんな一日も終わりかけの頃、OPAさんのショップ前で一服をしていると、背は高くはないけど、黒いサングラスで、やけにマッチョで、ゴールドのチェーンネックレスが似合うかも知れない、コワ面のお兄さんがN本の方に歩いてくる。・・・・、
ヤベェ、こっちもサングラスだし、「あろは」だし、「ちんぴら」に見られて絡まれる?・・・、しばかれる・・・?、と心臓バクバクさせていると。
兄さん一言。
「今の2本目、だいぶ長時間浮いてたじゃない」
あー良かった、怖いお兄さんじゃなくて、黄色とオレンジと白のスポーツ2のK山さんだ(ホっ)。
「いやぁ、それでも、350mプラマイ20mくらいの高度帯の時間が多くて、結構戦ってて、キツい時間帯も多かったですよ」
「それでもいいじゃない、ボクなんか、2本ともぶっ飛んぢゃったよ」

ちなみに、A東さんの説では「K山さんは、まっちょなだけに、力むとハンパなくベースバー引くんじゃないのぉ?」
(げらげら笑いながら言っていたので、真偽は不明)。

ん?、っまぁ?実力の差ってヤツかなぁ。練習して肩のチカラ抜いて、かかってきなさーいっ♪いつでも相手してやっからよ。
なぁ?んてこと言ってない、言ってない。

いやぁ、K山さんには、まだN本が板敷山飛びのビギナーで知り合いも少ない頃から、声をかけて頂いて、雑談の相手にして頂いてますから、感謝してますよ。今後ともよろしくお願いします m(__)m

★おまけ
帰宅後、家でくつろいでいると、網戸の向こうで低周波の羽音が。なんだ?と思い、出てみると、こんなモノがわらわら。写真では4匹ですが、最大で9匹になった時間帯も。雨続きでサナギで我慢してたのが、晴れて一気に羽化したのでしょうか。夏ですね。さきほどの天気予報では、「今週末には梅雨明けするかも」と。十分一に期待大ですね。

カブトムシ

2010_0704_空振りの日曜日(N本)

3日は野暮用で行けず。

明けて今日の4日も朝の間、冴えない天気。はぁ?モチベーション上がんねぇの。
で家にいましたが、そうこうしているうちにお昼くらいになんか、とってもいい天気に。
急いで支度してショップに行くも閑古鳥。
山を見ても飛んでる気配がなかったけど、LDに行くと、見慣れたクルマが何台も。

無線で聞くと、今TOで数名がフォローが収まるのを待っているとのこと。

急いで機体を積み、TOへ。

すると、↓こんなカンジ。

2010_0704_TO


ちなみに、一人でも山に上がれたのは、フッフッフ先日紹介した、自作ボンネットラックの成果(↓)。

↓全景(肝心のボンネットラックははっきり見えないけど)。
ちなみに、このチンケなN本カーに、グライダーが載っているのをみたG田さん一言。

まるで、おサルの篭屋だな。この青い棒で、クルマ担ぐんだろ」
♪えっさ、えっさ、えっさホイさっさぁ?て?

2010_0704_NemotoCar

ちなみに、中から見た様子はこんなカンジ(視界はあんまり良くない・・・)。

2010_0704_NemotoCar2

その後は結局待つもフォロー収まらず。
Kつらさんが無線で、「小山あたりで、すんごい雷雨みたいだよ」と。
YJさま、Mムシさんが、折をみて、なんとか、しかしサッサと出る。そしてぶっ飛ぶ。

その他のメンバーは、みーんな片付けてショップへ。

その後、ショップで待機していると、16時頃地表付近に南風が入り始める。
かすかな機体とともに、学生のみんなと山に上がるも、山道に入るころに雨が降り始め、テイクオフに着く頃には土砂降り

仕方なく帰宅・・・・。
今日はアレだな、一人山上がりするときに、無線で御用聞きして、みんなのお使いでアイスを買ったのこと「だけ」が成果ね。

しかも、板敷周辺では路面濡れてたけど、足尾付近を通過する頃には路面カラカラ。
いやぁお天道様にはかないません。

それにしても、カラっとしたな風の日が待ち遠しいなり。
早く梅雨明けしないかな。

十分一(今のところフル参加予定)はどうなることやら。

↓オマケ(7月3日のN本家)の収穫の一部。これからしばらくの間、茄子の食いシゴキの日々は続きます。おぇっぷ。

2010_0703_ねもと家収穫物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。