アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月23日

金曜の朝の予報とは変わり、北東の風曇、金曜日誘った人からはこの状況(風)で行くの?馬鹿かアホかもしくはその両方?(一部誇張あり)と言われつつもとりあえず一人で行ってみる。 かもたまメンバーどころかウインドで山飛びは僕一人とりあえず足尾に上がってみると軽い小雨が降っていました。 北東予報どうりで北東から入ってきますがたまに南からもはっいてきて上空はいい感じに出来上がっていました。 飛びの状況はご想像にお任せします。(今の条件でシュミレーションできる人だけ想像してください。)  ランディングは北、乗り換え初の足尾で北ランディング。 苦手意識を持ちながらもなんとか普通にランディングして足尾の人々に暖かく迎えられました。
スポンサーサイト

2011_0716 板敷(N本)

連休だよっちゅうことで、板敷へ。
でも、クソ暑いせいか、休日シフトのせいなのか、春の頃の休日と比べると、心なしか人は少なめ。

思えば、2年前の7月の連休(海の日がらみ)が、I川さん、S藤さん、そしてワタシの山そろデビューの日だったっけ。
かもたまメイツのみなさんのサポートしてもらったっけ。
その節はどうもありがとうございました m(_ _)m 。

ってな郷愁に浸る暇もなく、板敷に到着するや否や、すぐにリフライトのKつらさんに機体を山上げしてもらう(実はこの日は出遅れていた)。
その山上げをまっている間、OパのA木さんにはひとこと
「N・・・・本さん?ですよね」
と。

あーそうでした。このところ、出張(どかちん仕事)が続いたため、約一月伸びたヒゲにサングラス、そして帽子とくれば、分からない人もいるわいなー。
板敷ならば、WSの人は、「あ、N本」、と分かってくれるけど、これが、たとえば都内の駅とかなら、すれちがっても、気づいてくれないかも、みたいなカンジなんでしょうねぇ。

山に上がると、おっ、久々登場のH田さんが。
そして、そのお友達のK野さん(間違いだったらごめんなさい)。このK野さん(間違いだったらごめんなさい)、SONICでしたよ、<Y斗さん!

正式な購入手続きをしていなかったけど、頭金もってきたからいいよね、っちゅうことで、LST4を慣れない手つきでセットアップするも、東成分が結構な勢いで入り、しばしのウェイティング。

やっとこ16時前になって、テイクオフ。
というわけで、LST4の3本目となりました。

気持ちよかったです。でも、ビデオ無駄に長いです(約1時間)




16時前のテイクオフながら、快晴でまだまだ暑く、ところどころで、ぷちサーマルが出ているようで、高く上がりもしない代わりに、落ちもしない、そんな状態でした。
MAXは+270mでしたが、+200にも満たない高度で、吾国往復できたものそんなコンディションのおかげもあるのでしょうが、やっぱり、機体が変ったから、と思いたい。

今回は余裕があったので、何度かヒモ(VG)を引いてみました。
特に吾国からの帰り、強い南風を受けているときに、VGを3/4ほど張ったときの変化にはビックリ。
前述のようき、全体にソアラブルなコンディションの影響もあったのでしょうが、とにかく沈まないし、しっかり前に走る。こらぇスゲぇや!と思い、思わず、
「VGすげぇっす」
と叫んでしまいました。

ただ、VG操作も的確ぢゃない部分も、多分あったんだろうな。
思いっきり引っ張る動作でバランスを崩したりもしたりとか(^^ゞ)。

それと、ソニックでは許容してくれていた雑な操作も、LSTではモロにでるカンジでした。
とくにターンするとき。
知らず知らずのうちに、力んで?旋回の瞬間、内側の手を引き込んでしまうクセがついていたようで、LSTだと急激に回転してノーズが下を向き、「おっとぉ~」という瞬間がありましたね。

それとランディング。
どのくらいの風に対して、どの程度の割合で沈下するか?という推測の精度がまだまだ低く(乗り換え直後ということもありましょうが)、どショート。ついでに持ちえるタイミングも遅れ、ボティーランしましたが、最後は思いっきりバーを前方に押し出して、ノーズクラッシュは回避。ヘッドスライディングならぬ、おなかスライディングとなりました。

でもまぁ、夕方ながらも約1時間、楽しかったです。

GPSのデータをみると、ソニックのときには、これまで、平均で概ね27~29km/h程度、(フルロックをしての)最高速で約80km/hでしたが、今回のフライトでは、平均時速約40km/h、極端にベースバーを引き込むことはしなくても、最高で82km/hでした。やっぱ、速いんですねぇ!。

上記のように、いろいろ課題が多いですね。
スピードにも早く慣れて、なおかつ丁寧に操作するよう、心がけねば。


ではでは。

7/14,15 板敷

7/14 メンバーは M 岡さん、N 村さん、S 木さん、K 高さん、M むしさん、Y 斗。かもたまというよりは OPA のたまごでした?

・Y 斗はリフライト 800m、1 時間くらい?「自分が眩しいぜ!」
誰もリフライトしなくて寂しいからショップに帰ろうとしていたところ、A 東さんに叱咤されてリフライトしたのでした。無線にて A 東さんの暖かくキビシいご声援に応えながら。... 涙で前が見えなくなりながら。

・K 高さんはリフライト 1300m、4.5 時間とのこと。
同じ時間帯にリフライトしたはずが、私が諦めて降りる時ロクなリフトがなかった(どこに行っても、バリオがピッと一度鳴れば良い方)のに、一体どこでどうやって浮いていたのか謎過ぎます。

そしてリフライトで A 東さんより新たな奥義を伝承しました。
「旋回する時は、外側の手でベースバーを押す」
... みんな普通にやってることなのかもしれませんが、コレやるとどういうわけか同じバンクに見えても回り方が全然違いますね!?一体どうなってんの!?今まで私が一生懸命やってたことは、何!?
こんな大事な奥義を今まで黙ってたなんて ... まだ何か隠してるんじゃないですか??と詰め寄ったところ、「ネタ明かしをしないからこそ、神として崇められる」とのこと。... さすがは尊師様 ... !!P 証はお布施が必要らしい。

7/15 は H むらさん、Y 山さん、S 藤さん、N 吉さん、O 野さん(紛らわしい)、Y 斗とウィンドも盛況。平日ってこういうメンバーなんですね?とりあえず暑かったけれどとっても渋かったため誰もほとんど上がらず。

・Y 山さんは金網に着陸してアップライトを一本ご購入されたそうです。

・H むらさんは可愛い保冷手提げ袋?を A 東さんにあげたらしいです。A 東さんに似合いますかね?どうかな ...

・Y じさんは H むらさんの無線を借りて世界選手権へ向かわれたため、優勝したらそれは全て H むらさんのおかげらしい。そして代わりにと H むらさんへ手渡された Y じさんの無線はどうも調子が悪いと H むらさんがご不満のご様子でした。

・S 藤さんはテイクオフの危険が危なかったため、弥彦に篭り特訓して悟りを開いてくるとのことです。S 藤さんがこれ以上悟りを開いたらもう誰も敵わないこと必至です。

・Y 斗は誘導料金 16000 を請求されて困ったので代案を出してみました。
「N 本さんに LiteSport をプッシュしておきましょうか?」
「ほとんど買うこと確定しているから必要なし」
「じゃあ N ださんに LiteSpeed をプッシュしておきましょうか?」
「東大生は我々下等生物の意見など見向きもしないから不可能」
... なるほど。

なんだか平日のテンションはまた微妙に違いますね!次回は ... 台風が居なけりゃ良いんですが?

2011_0710(SUN)板敷_N本

さて、前日の9日に引き続き快晴。
↓のブログでは、Nださんが、「Sチャン号(ライトスポーツ4)を虎視眈々と狙うN本」と称されておりましたが・・・。
正直、まだ先のハナシかなー、とか思っていたのですが、9日(土)に、A東さんが、「乗ってみっか?」と言って下さったので、・・・・乗ってみました。

七夕のYJさんを囲む宴では、LS3(Nだ号)に乗ったI川さん、「別に違和感なかったよ」ということでしたが、ワタシの感想は、とにかく「速ぇ~」でした。VGフルOFFでも。
G田さん曰く、ベースバー引きすぎ、ということでした。

1本目



2本目



なんか、いっぱいいっぱい、ですね(^^ゞ)。


ソニックと比べると、全体に、ベースバーの前後の動きに敏感な感じでした。
ただ、VGフルOFFだったせいなのでしょうが、体重の横移動に対しては、スパンッ♪とバンクがかかるカンジでした。ソニックとも違和感なく。
また、東風交じりのなかで、リッジ沿いを流してみても、風上向かいのときにも走るカンジはとっても嬉しかったっす。
ヒモ(VG)フルOFFでもこんなに足が速いんだから、ヒモを引けるようになったら、どれだけ飛ぶようになんのかな、と思うとワクワクです。

それと、眼下の山肌に写った機体の陰。
FALCON3やソニックでは、「ゲイラカイトかよ!」みたいな三角なんですよね。まぁ当たり前だけど、LSではアスペクト比の高い細いブーメランみたいなカタチで、「おぁ~カッコええやん♪」と、ぷち感動。

ただ、「あすぺくと比」が高く、その分横長で縦方向が短い(だからピッチ・コントロールに敏感なんだろけど)っちゅうことは、陸上での機体運びもソニックとか、ファルコン3よか難しかったです。ソニックの感覚で運ぼうとすると、ちょっと体が遅れれば機体は前に倒れそうになるし、体が先行すればキールが地面につきそうになる、みたいな。とにかく縦方向のバランスはデリケートなカンジということでしょうか。
それだけランディングもシビアっちゅうことですが。

もちろん慣れは必要だけど、2本試乗してみて、なんとなく今後も乗れそうな気もしました。

で、神社駐車場のベンチでT海さん。
「で、Nもちゃん、買うの?」
「うーん、試乗とかいいながら1本ぢゃなくて、2本試乗しちまうとさすがに・・・」

ということで、ウルトラ前向きです。
すでに十分、「おっさん」になってから始めたハングですから、これから先、体が動く期間だって、学生さん達に比べれば限られていることだし。そう考えると、ステップアップできるところまで、とにかく行ったろかいなぁー、みたいな。
まぁ、どうなることやら。

折りしもこの日は、IっしいのLS5もシェイクダウン。
まずは試乗したG田さん自身がすんごく楽しそうでした。
「いやぁ、いい機体だよぉ~」と。

そのIっしぃのLS5でのランディング



そして、H里さん、O野さん。
H里さんも乗り換え直後のラミナールSTです。



その後、夕方には綿飴みたいにモコモコの積乱雲が沸き上がり、早めの全員撤収。
暴力的に暑かった夏の一日でした。

夏っぽぉ~い」

なんか、絵的にカッチョいいっすよね。できれば自分が写っていたかった!


N本@またまた出張だった(今回は岡崎でした)。

【蛇足】
YJさんを囲む宴で久々にN嫁様とお話しました。
彼女曰く「Y斗しめといて下さい」だと。っクっクっク。

I川さんお買い上げ

なにやら乗り換えを画策していたI川さんですが、A東さんとごにょごにょと相談した結果、Litesport 3をお買い上げ~ということになったようですしかも、オプションてんこ盛り

というわけで、ためしにI川さんに私の機体に乗ってもらいました。



N本さんが、しんちゃんのLitesport 4を虎視眈々と狙っているといううわさもある今日この頃、Litesport人口が着々と増えてきております。

そんな7/3(日)は、U月さんとT幸さんは浜へ。I川さん、いっしー、けんしろー、N村(だ)は山へ。かもたまのWebページを見て見学しにきてくれた方もいました。是非、次回は講習にいらしてください。山は500mちょっとしか上がりませんでしたが、皆様暑い中お疲れ様でした。

ところで、7/7(木)に、ゆーじさま世界戦壮行会的ななにかな飲み会を新宿でやります。現在のところ17人ほど集まりそうですが、まだ間に合います。参加したいけど連絡してないという方はぜひご連絡ください。


再会、板敷よ ...

7/1 金曜日、板敷に現れたのは M むしさん、H むらさん、Y 山さん、そして一ヶ月もサボっていた Y 斗 ! 午前は晴れてましたが午後から雷雨ということでさっさと飛んじゃうことに。風はといえば結構東っぽい感じ、えぇ~っ。

Y 斗はこの一ヶ月もの間一体何をやっていたのかいろんな憶測が飛び交っているものの、おそらくムラサメ研究所あたりで強化されていたものと思われます。そこで、今日こそは、新生 Y 斗の飛びを見せてくれよう !

「見えるぞ、私にも気流が見える !!」



... はずもなく、この日の主役は圧倒的に H むらさんでした。

H「私の車に機体乗せても良いですよ~。」
A「でもキャリア外しちゃったし~。」
H「じゃあまた付けてください、A 東さんは出来る子ですから~。」
A「...」

今の私では H むらさんにはとても勝てない ... ララァ、私を導いてくれ !
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。