アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/19 板敷

8/18 土曜日に高知から帰ってきた N 本さん号には F 冨さん、A きさん、Y 斗が同乗しており、N 本さん以外のメンバーは旅の疲れを癒そうともせずにすぐさま板敷で飛ぶことも視野に入れていた。但し現実には山上げする車の当てがないため、帰ってきた当日 8/18 に N 本さんに駅まで送ってもらうことを考えていた。

一方で O 野さんも土日は板敷に行って飛ぶつもりだと高知の帰り際に言っていたのが、実際には居らず、メールで確認すると家に帰ったという。

せっかく板敷まで来たのに、このまま何もなく帰るのは面白くない。そして O 野さんがこの状況を免れて家に帰ってしまっているのも面白くない、という F 冨さんのご意向により、F 冨さん、A きさん、Y 斗で作戦を練ることにした。

作戦の内容はこうだ ---
まず、明日の板敷がとても良さそうで、かつ飛べそうで、何より楽しそうであるという情報を O 野さんへメールで送りつける。いても立ってもいられなくなった O 野さんはきっと板敷にやってくるだろう。そこで板敷ですれ違い様に F 冨さんが「何で来たの?私たち帰るから!じゃ!」と声をかけてとどめを刺す。

但しここで重要なのは「我々は飛ぶ予定である」とか「飛ぶ手段はある」という嘘はつかないことである、嘘をついた場合 O 野さんに訴えられることを怖れてのことである。あくまでも、我々は飛びそうだという雰囲気を醸しつつ、しかし飛ぶなんて一言も言わないことが重要なのである。

そして実際のやり取りはこうなった ---
一文、一文字を皆で相談し、協議し、これほど神経を使ったメールが過去あっただろうか?
※ Y 斗は F 冨さんの代理として言うがままに動きました。神よ、Y 斗は多分悪くないのでお赦しください。

Y: 板敷にいます。どこにいますか?
O: 家ですが!?とんじゃだめですよ
O: みんな板敷にいるんですか?
Y: 居ます。F 冨さん、A きさん、N 本さん、Y 斗。
Y: 麻婆天津美味しい!F 冨さんより
O: 明日翔ぶかんじすか?
Y: 予報いいですよね!楽しみ!F 冨さんより

ここで O 野さんは F 冨さんの記した悪の道しるべに従い、板敷に来ることを決意。F 冨さんのところに電話がかかってきて、土曜日の夜に来ることを伝える。この時 F 冨さんは今まで見たこともないくらいに嬉しそうな顔をしていたとか。でも酷いよね、という話になると F 冨さんに「なに、本人がいないところでこれだけ構ってもらえるって言うのは、大変幸せなことなんだよ!これは O 野さんにとって幸せなことなんだよ!」と力説され、皆でなるほどそれはその通りだ、という結論に至る。これは O 野さんのためなんだ!

O 野さんが来るのは今か今かと待ちわびていたところ、再び O 野さんから電話があってグライダーがまだ高知から板敷へ帰ってないために飛べないことを知らされる。O 野さんからは次のようなメールが。

O: 明日は風あるけど条件良さそうですね。がんばって!

結局 F 冨さんの O 野さんにダメージを与える計画はあと一歩というところで成就しなかったが、代わりにい III さんが弥彦に行く時に板敷に置いてきた車が使えること、さいまきさんが実は来ていて山上げは可能なこともわかり、じゃあ、ということで本当に板敷で飛び、みんなで凄く良い飛びをして O 野さんにダメージを与える作戦に切り替わる。

まず F 冨さんの指令により朝の良さげな板敷の写真とメールを O 野さんへ送信した。

Y: 今日の板敷山風景をお送りします。
静止画で申し訳ありませんが、この後の展開を外挿して楽しんでください。
南西 2 〜 3
新メンバーはさいまきさん、K 上さん、S 司さん

天気の良さそうな板敷


これを確認した F 冨さんは「自分がこれを見たら携帯を叩き付けるわ〜」と大変ご満足。あと残るは良い飛びをして報告するのみ!どちらにしても全員雲底に行ったと報告する予定ですが。


そして実際の板敷は ... 南南東くらいになってきて、上げるのは結構難しい感じに。A きさんが 400m 弱、F 冨さんがレベル程度で粘り、その後出た Y 斗は F 冨さんの下に潜り込むもステイすらできずぶっ飛び、更にその後出た K 上さんは空中から突如現れた手 -- それは O 野さんの手に似ていたという -- に突然グイッとベースバーを下げられてぶっ飛んだ。あまりにも O 野さんを苦しめた結果、このような O 野さんの怨念の力が働いたのは完全に我々の計算外であったと言える。そして来週の弥彦に行く時はお払いしていこう、塩を持っていこう、なるべく神社の上を飛ぼう、などの反省会が行われた。

但し、この日の板敷は難しくはあったものの難台でソアリングしていた方も居り、悪いコンディションだったわけではないと思われる。ただ今の Y 斗にはあまりにレベルが高過ぎたようだ。

そして次週は弥彦ツアーと大忙し。い III さんに至っては 2 週連続の弥彦?みんなで『仲良く』楽しみましょう。


Y 斗
スポンサーサイト

土佐の日記

石鎚山というのは四国山地西部に位置する標高 1,982m もの山である。この山は近畿以西での西日本最高峰であるが、この山に源を発する西河川が、三坂峠から流れてきた久万川と合流して仁淀川となり、深い石の谷を南下して黒潮洗う太平洋へと注ぎ込む。土佐市はその仁淀川の河口に位置し、一面の平野、北の山地、南の海と起伏と変化に富む土地として知られ、何世紀来少しも変わらぬ田舎のまちだったのが、ここ数年、高知から香川、愛媛へ山越えして抜ける道路ができてからは少しずつ近代化が進み、コンビニエンスストアなど近代的な店がちらほらしだしてきた。

土佐市の中心部から 1km ほど北に行くと小さな山にでるのだが、その山を登っていくと四国八十八カ所巡りの第三五番札所である清滝寺へと通じ、時折白衣をまとったお遍路とすれ違う。更にその先に進むと道が悪くなってくるが、これはこの山でハンググライダーやパラグライダーで飛ぶ人々が独自に整備したものであり、数 km も進んだところで急に視界が開け、土佐市、太平洋、果ては空気が澄んでいれば室戸岬まで展望できる、この高岡エリアのテイクオフへ出るのである。

この高知の高岡エリアに飛びに行ったウィンドメンバーは TG さん、S 々木さん、F 田さん、マキさん、S 司さん、U 田さん、Y 村さん、F 冨さん、何故か突如としてどこからともなくナビもなく現れた K 上さん、N 本さん、A きさん、O 野さん、Y 斗であった。

続きを読む »

ありがとうチョロQ!

(ワタシの中での)通称チョロ(正式名称 Ford KA)も、いよいよ引退(ハングからの引退は8/4-5)。

機体山上げに初めて使ったのは約2年前。そのときのG田さんの、
「まるで籠のようだな」
というコメントを昨日のことのように思い出します。

はじめは、自分機体専用だったのが、そのうち、他の人の機体もお手伝いするようになり、この夏は、なんと十分一までの機体搬送もこなすまでに!
けれどもさすがの老朽化(2年前から自動暖房-しかも夏季限定、内張りのクロスは剥がれる、明らかにマフラーに穴が空いている?、イグニッション・コイルというパーツの劣化でアクセルの動きが悪く、運転には慣れが必要、ときたまラジオが急に止まる・・・等々)もあり、面倒を見ていてもらっている修理工場にも(売ってもらった店でもある)、もう次回の車検を通すのは(資金的に)困難だな、とも言われていたところ。そういえば、去年の夏、板敷から帰宅すると、ボンネットから謎の水蒸気がモクモクと上がったり、とまぁ、言ってみれば満身創痍。
フォードとは言ってもヨーロッパ・フォードの生産品のため、日本の暑い夏には耐えられなかったのか。

つくばに住んでいると、ハングには関係なくクルマは生活必需品と言っても過言ではない。ので、ボーナスをアタマ金にして中古車購入を画策してましたが、もちろん、ハングでの使用を想定していたので、メインターゲットはフィールダーまたはレガシー。
ネットで探してたら、つくば市内で、古いけど走行距離たった1.7万キロのフィールダーがあったので、店に行き、店の兄ちゃんが嘘つけなさそうなキャラであることを見極めて購入決定(ネットでの口コミ情報でも、やっぱりみんな、その店の兄ちゃんのキャラを高く評価していた)。

この書き込みをしている現在では、すでに保険の切り替えも終わり、フィールダーが活躍中。
昨日、高知から帰ってきたところ。

それにしても、どんなにポンコツになっても、そこそこの長期間相棒だったクルマには愛着も知らないうちに沸いているもの。
さすがにお別れどきには、がらにもなく、少々センチな気分になりました。

ありがとうチョロQ!
さよならチョロQ

さて、その週末(8/4、5)ですが、忙しくしているうちに、Y斗さんレポートが入ってしまいました。
以下はワタシ目線での紹介と。

この週末は、南風に東風成分が混じる微妙なコンディション。
4日の板敷は、WSメンバー中心で、ほぼ全員ぶっとび、あるいは短時間のみのフライトとなりました。
ワタシにしても、ハーネスのファスナーを閉める間もなく、あえなく瞬殺。4分にも満たないフライトでした(orz)。
帰りしなにOパのA木さんやS木さんとお話したのですが、足尾に行った彼らも芳しくなかったとのこと。

↓この日
ランディングでは、このところYJさんからたびたび受けている指摘、
-ランディング時の飛ばし方がソアリング中の時と同じような速度なので、ランディングはもっとベースバーを引いて、スピードを付けるように!-
を意識。最後でフレアがうまくかかりませんでした。減点ぇ~ん。




明けて5日。

この日もやっぱり東混じり。ときにTOの吹流しは「ま」東になることも。
昼頃にMむしさんが出るものの、あまり上がらず、TOレベルのプラマイ100とかを行ったり来たりと戦ってるカンジで、なんだかツラそう。
多くの人のモチベーションが下がり、みな、ぽつぽつと出てはみるものの、やっぱりパッとしないカンジ。
14時近くになり、M松さん夫妻現れる。
Kつらさん曰く、
「うーむ、最近の板敷に多い14時頃の時間帯に合わせてきたな」
ワタシもこの日は新しく届くクルマを取りに行く都合があったので、14時ちょい過ぎにテイクオフ。
10分ほど前に、S木さんが先に出て、空を暖めてくれていたので、その恩恵に授かり、伐採周辺、TO出て左の擂鉢のあたりで回してMAX約700m。吾国2往復。
後で聞いたらM松さんも700+だったそうです。が、最後は5差路まで行ってきたとか。さすがです。

↓この日の飛跡(途中でGPSのバッテリが切れたわけで、別に山チンしたわけではないですよ)

2012_0805_N本

2012_0805_グラフ

いよいよクルマを取りに行く時間の都合があったので、もっと浮いてられそうだったけど40分ほどでランディング。
機体片付け始まっても、浮いているS木さんに無線イッパツ。
「粘ってますねぇー」
すかさずS木さん返信、
「この前のN本さんにやられたリベンジです」
※この前とは、寝坊してグータラな時間に現れたN本が「残りモンにゃ福がある」で、14時過ぎのサーマルに乗って、いい思いをしたが、昼頃に出たS木さんはさに非ず、だったこと。

そのS木さんも降りてくる。
N本
「今日は吾国2往復、MAX700くらいだったっす」
S木さん
「くっそぉ~、ワタシぁ反射板まででした」

はっはっは、っま、実力の差ってぇヤツだな。
っま、また練習して出直して来るこったなぁ、いつでも相手してやっからよ、
なんて言ってない、言ってない。
しかし、翼面荷重の差は出たのかも。S木さんのウェイト聞いて、正直、結構驚愕でしたが、それが○○kgだったなんてことは個人情報保護法に基づき書きません。

この日のランディング(15時過ぎ)は、吹流しは基本南だけど、東成分が入ってくるし、春ほどではなくともサーマルが出ていて若干荒れ気味でした。




その後、ワタシは無事にフィールダーを納車してきました、とさ。

そのフィールダーでの高知ツアーについては、のちほど、Y斗さんからの紹介があるはず。
乞うご期待!

たまには板敷

August 4, 2012

かもたま板敷メンバーは F 冨さん、N 本さん、O 野さん、M 田さん、A 井さん、Y 斗。
十分一メンバーはい III さん、K 上さん、さいまきさん。

東予報の中、朝 5:00 に板敷に着いたさいまきさんは足尾講習に出かけるか、十分一に行って花火を観るかで大いに悩む。が、そこは十分一だろうとい III さんに誘導されてさいまきさんは十分一に出発した。

朝、新品の機体の隣にリーディングエッジが転がってた。案の定 Y 斗のリーディングエッジらしい。こんなに早く届くとはついてるぜ。しかし A 東さんは弥彦で講習、TG さんは足尾に講習、板敷に誘導で多忙、YJ さんは提出期限ギリギリ間近の宿題に追いつめられて、ウィンドは大忙しにつき修理はまた今度となった。

板敷は南東。曇時々晴。西ランチャーの草刈りをやろうと鎌を持っていったが、幾ら刈ってもきりがねェ。鎌はハーネスに入れて飛ぶことにしたが、もしキレイなランディングをしたにも関わらず血を流して倒れることがあったら F 冨さんが解説をしてくれるとのことだ。何か間違っている気がするが、まあいいだろう。飛びは事前に気がつくべきだったものの、出た瞬間から常時 -2m/s のシンクに叩かれ続け、Y 斗 SONIC は 2 ターンでランディング。

YJ さんがマラソンに持っていったグライダーにいざなわれてきた体験者が 2 名来た。テイクオフとランディングを見学後はグラハン体験。F 冨さんが炎天下、体験グラハンのワイヤーを持って自らの命を削りつつ走った。そこへ O 野さんが現れカメラを構え始めたところ F 冨さんから「代われよ!」と叱られることになった。それはそうだ。ちなみに俺は前日からの体調不良がたたってランディングで寝ていたところ、ブヨにやられちまった。人間を見くびりやがって、こちらには火の七日間で世界を焼き払った最終兵器があるんだぞ。

飛び終了後に、意図は不明ながら十分一のさいまきさんからメールが届いた。
「今日は三ノ倉で一本ですが、
 リッジでソコソコ長く飛べました〜 (^_^)v
 で、シメの花火も堪能できました。」
赤湯花火
東風なのに三ノ倉でリッジだと?きっといかさまににちがいねェ。しかも花火の写真まで ... ぶっ飛んだ俺たちをばかにしやがって。


August 5, 2012

日曜日風車は西。テイクオフは南、午後南東爆。晴れ。

あまり上がらない中、まむしさんは 2 時間程粘り倒して雲底 1000m くらい。多くの人々がぶっ飛ぶ中、Y 斗テイクオフするも、山際は荒れた感じで同じくぶっ飛び。N 本さんは吾国リッジで S 木さんと死闘。F 冨さんは見てなかったものの、それなりに粘っていたはず。

飛び終了後に、意図は不明ながら十分一のさいまきさんからメールが届く。
「今日は高つむじ(西)から飛べました。
 が、思ったより南で…
 私は +200 で、エキスパートは 1700雲底といった塩梅。」
高つむじ
南なのに高つむじ西で +200 だと?きっといかさまにちがいねェ。ぶっ飛んだ俺をばかにしやがって。

飛び終了後、日も暮れる頃に O 野さんの携帯の大捜索が板敷山にて行われた。山のどこかに忘れてきたらしい。気象庁の奴ら、夜も寝ないで実験ばかりやってるからこんなことになるんだ。

捜索ですっかり遅くなった我々のために、宿題で大忙しの YJ さんのために、朝から呑んだくれてお倒れになられていたマキさんに晩ご飯のうどん、他を つくっ いただく。うまかっ です。

捜索チーム はじゅうぶいち組におくて もらうことに。
実に タノしげな さいまきさんから板敷はどうだた か執拗に質問攻め うけた Y 斗のガラスざいくさナがら 繊細なココロは砕け散た。
O 野さん Y 斗、さいまきさん三郷駅 までおくっていただくが、
そこ さいまきさんはサイフ イタジキに忘れ
きと O-Virus かんせん わすれ

あれ おれ ケータイじゅーデ イタじき
おれ も O vir


Aug 6
かゆい うま

またしても十分一

けんしろーが、機体を十分一から持って来たい、と言って計画された十分一ツアー。初めは、けんしろーと二人行脚になってしまうかと思われましたが、U月さんが行くことになった途端、わらわらとU月ボーイズが集まってきました。

折角行くなら土曜日の朝も飛びたいよねー、ということで、金曜日の夜から一睡もせずに十分一へ。予定通り6時半くらいからU月さんは飛び始め、何とかサーマルが発生し始める前に2本。もう一本いけそうでしたが、風が怪しくなってきたので撤収となりました。

おそらく、U月さんが、「ベースバーって、左側マークをつけた方を左側に付けると、機体を起こしたときに右側になってるんですよね~」とかいう謎な発言を繰り返し、機体ケースから取り出したベースバーを握り締めながらぐるぐる転げまわっていたのが、相当のタイムロスだったのではないかと

その後、高つむじへ移動すると、西風が強くなり、みんな次々とお昼寝へ。目が覚めると、なぜかたくさんの機体がすでに組まれていて、ちゃっかりもののO野さんも、誰も起こさずにこっそり機体を組んでいました

夏の十分一はいいというノブさんのお言葉通り、1,300mくらいまで上がって、みなさま飛んでいましたよ。こっそり一人で機体を組んでいた人は、みんなの呪いを食らったようでしたけど

2012-07-28 15.17.04

そんなこんなで、明月館で裏メニューのカルビを食べたり、ノブさんのビデオを見ながら色々教えてもらったりしながら、気がついたら次の日の朝5時。

U月さんは今日もがんばって朝から3本。10時頃からはサーマルも出てきて今日はここまで。20本まで後4本までたどり着きました。



Y山ねーさんも、今日はマリブ試乗機で朝からご機嫌です。同じシングルなのに、ステップ13との違いに興奮冷めやらず、その場で財布を出してご購入してしまいそうな勢いでした。

そんな中、十分一で朝飛び用に機体を組んだものの、みんなを投げていたら飛ぶ暇がなかったけんしろーが、テイクオフに取り残されることに。他の人は、早く高つむじに上がりたいものだから、「このコンディションなら、けんしろーが万が一にもぶっ飛ぶことなんてないから、早くテイクオフして高つむじの上で待機してて」とか適当なことを言いまくっていましたが、パラの動きとか見ても上がりそうな雰囲気じゃないんですけど…

それでも男らしく飛び立っていたけんしろー。ひとつのリフトにも当たらずぶっ飛んでいったけんしろー。そんなけんしろーの背中すら見ずに、とっとと高つむじに上がっていった他の人たち

そんなけんしろーもすぐに上がってきて、みんなでなかなか抜け出せない逆転層と戦いつつ、この日も1,300mくらいまで。しかし、今日も雲底は遠かった…ああ、昨日のO野さんへの呪いは、今日も健在でした

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。