アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 オイスターパーティー

恒例のウィンド・オイスターパーティー!2013!
今年も広島から送っていただいた大量の生牡蠣、巨大生ハム、大量のワイン・シャンパン・その他アルコールに加え、マキさん率いる料理人軍団がウデによりをかけてつくってくださった豪華料理がたくさん!
(写真は皆さんが撮っていただいたものを借用させていただいています)

1464693_668304046534290_368407502_n.jpg
生牡蠣!!

1511411_470087699774352_156863687_n.jpg
生ハム!!

1510449_449549101811365_1261141901_n.jpg
お酒!!

1501737_668303979867630_1723642409_n.jpg
リブ!!

DSC_0012.jpg
サンタ帽子ちさちゃん

DSC_0016.jpg
ねこみみ U 加ちゃん

DSC_0014.jpg
ねこみみ E 藤ちゃん

DSC_0018.jpg
カワイイ系 A 東さん

DSC_0010.jpg
ロバさん with K 上さんマスク


  • やまとはキッシュなる食べ物を知らず、A 東さんはじめマキさん、H むらさん等に田舎者扱いされる ... 悔しいが、こんなものは初めて食べました。(>_<)
    A 東さんには「生地に卵焼きを乗せて焼いたもの」という説明を受けて何じゃそりゃ?と果てしなく疑問だったものの、これは ... 美味しかった、特にブルーチーズのキッシュ!

  • A 川さん率いるサンタのダンス集団現る!い III さんの謎の巨大私物音響設備(何故そんなものあるのか??)にのせて踊りに踊り、最後は前日夜に一緒に練習していたとされるマキさんらも一緒になって踊る!こじはる役を務めた A 川さんに A 東さんは感動の涙を流す!?
    1521344_470087719774350_279182337_n.jpg

  • S 々木さん(saxophone)と H むらさん(vocal)による大人の演奏会がしめやかに始まる。大人っぽく、渋く、キメてました。… さすが!!
    1510546_449706811818236_1759161794_n.jpg

  • Y 平さんが誰に頼まれたワケでもなく、突然自分のパンツをピザ釜に投げ込んで燃やす!なぜそんなことを!?どうしてそんなことを!??
    Y 平さん曰く「自分が先陣をきってパンツ燃やせば、続いてみんな次々とパンツを燃やすシナリオだったんだよ!(^ー^)」
    さすが関西 ... !!
    1477362_470088033107652_37755330_n.jpg

  • そんな中、唯一 Y 平さんに続いた漢 ... K 上さん!
    TG さんにその才覚を評価され、「今はまだタンデム講習中だが、そろそろ十分一でソロフライトの日も近いな!」自分の中での K 上さんのイメージが、徐々に変化しつつあります。(^_^;

  • N 瀬さんは生牡蠣を食べまくり、自分が確認した時点(序盤)で既に 6 つ目。
    Q. たくさん食べられる人と、そうでない人と、一体何が決定的に違うんですか??
    A. 「良識を捨てられるかどうか」たったそれだけの違いだ ...!
    Q. 当たらないんですか??
    A. 当たる時は当たるもんだ ... 人生とは、運命を切り開く賭けの連続 ...

  • U 加さんは悪い事をすると刑務所に送られてカマ掘られるタイプと診断される。
    看守 M 岡さん「ここのルールを教えてやるよ!^-^」
    窓の向こうの奇麗な部屋にて所長 F 田さん「今日も何も問題なし!」



やはりというか!今年も大盛況でした!年々有志による出し物もレベルが高くなってる感があり、来年どうするか?一体どういう方向に向かっていくのか?早くも気がかり!

金曜日朝から準備していただいた親方マキさん、TG さん、A 東さん、U 路さん、その他の方々!パーティーを一生懸命盛り上げてくださった方々!ルンバと呼ばれた S 子さんはじめ後片付けを頑張っていただいた方々!お疲れさまです!ありがとうございました!来年も頑張りましょう!!

やまと
スポンサーサイト

ぶっ飛び始末書

始末書



平成 25 年 12 月 7 日、私は稀に見る良さそうな南風のコンディションの中、少しだけ当たったサーマルに合わせて回すこともできずすっ飛んでしまい、多くの関係者各位にご迷惑をおかけしました。

これは、思い上がって旋回の練習を怠ってきた日頃の努力のなさに起因した事態であり、今まで浅はかな飛びをしてきたことを深く反省しております。かもたまおよび関係者各位に、心からお詫び申し上げます。

これからは、今回の不甲斐ないぶっ飛びを良く肝に銘じ、フライト遂行にあたってはより上の技術を会得するように努力するとともに、すべてのサーマルに細心の注意を払って飛ぶことをお誓い申し上げますので、このたびのことにつき寛大なご措置を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

つきましては、ここに始末書を提出致します。

やまと


久々に板敷に飛びに来た A 井さんは渋めのサーマルで割と粘り、その時の動画を見せてもらったのですがかなり上手く、TG さんをして「これはかなり上手く回している」「これならコンディション良ければ筑波リターンできる」と言わしめました。小生も僭越ながら同意です。いつの間にこんなに上手くなったのか知りませんが、同じ Sonic を操縦せれば例えば今の O 野さんとどっちが上手いだろう?と考えさせられます。小生の知ってることはすべて伝授したので、小生とはかなり近しいレベルに到達してると思われます。

「打倒やまとさんですね!」とか言ってましたがそれでは余りに目標が低い、と言ったところ
「じゃあ O 野さんですね!」それも低い ...
「じゃあ U 路さんですね!」それはいきなり高過ぎ ...
いっしーさんとか N ださんとかあたりを目指すのが良いかな、と小生は思います。

但しランディングは小生が控えめに見てもボロクソで、A 東さんに「それじゃ肉がぶら下がってるだけだろうが!!」と叱られてました。... 空中の旋回はあんなに上手いのに、何故??(^_^;;
多分、小生が勝手に思うにランディングさえ良くなれば Litesport 乗り換えも全く問題ないと思うんですが ... もうちょっと真剣に降りようという意識改革が必要、なんでしょうか??


そして小生も A 東さんはじめ、TG さん、U 路さんそうそうたるメンバーにダメ出しをされました。
「もっと上手いのかと思ったけど、まだその程度のレベルか。がっかりだな。」
「動作が鈍いな。傾けるのも遅いし、支えるのも遅い。まあサーマルも小さかったけどな。」
「10m 先の状況は予測しておかないと。」
「来年筑波行けなかったら本物の始末書だな。」

A 東さんによれば、旋回中も高度処理中もピッチを拾いすぎているとのこと ... 高度処理中に拾うのが良くないことは重々理解してるんですが ... ってあれ??小生はベースバーは汚物だと思って可能な限り触るのを避けてた、行きたい場所に行かせてたんですけど ... もしかして違う??

ということで久しぶりに A 東さんにみっちりと座学講習していただいたところ、やはり小生の旋回のイメージは最終的な方向性として違うことが判明。でもまあいきなり最終形に到達できる訳ではなく、今までやってきたことも必要だったんだろう、とも思います。

以下、今回の A 東さん座学講習後に自分が考える旋回の段階的レベルアップ
(1) 外側の手を押す。
(2) ベースバーは汚物だと思ってなるべく触れず、機体の挙動を通じて前後左右のリフトの強さを感じ取り、サーマルのコアに寄せていく。
(3) 機体を積極的にコントロールして、機体が「常に」飛んでいる状況を積極的につくる。リフトの強弱がある中で回す際、強いリフトの場所でピッチアップするのをグッッと押さえ込む。旋回中、一時的にバリオを鳴らすことよりも、失速させずに一周全体で鳴らすことを優先する。風上にノーズを向けた際も速度を抜いてバリオを鳴らせようとせず、次の旋回の始動に十分なエネルギーをためておく。(←今小生はこのあたり)
(4) 上記 (3) の状況を、ベースバーを押した状態でできるようになる。

ちなみに A 東さんも U 路さんと同じく半周だけリフトに入るなんてあり得ないとのこと。まあでもそれも小生にはまだ先な感じが。

(2) と (3) は一見矛盾してそうに見えますが ... (2) ができるようになった状態で (3) を実践すると、ベースバーをある程度握りしめていても前後左右のリフトの強弱がわかるようになっている ... というのが小生の解釈。

翌日曜日はまた小さいサーマルで粘るような状況で 2 週程ベースバー若干引き気味でスピードつけて回してみて、強いリフトではギューッ!とベースバーを引いてみて、支えるのも必要になる前に事前にやるようにしました。
... なるほど!こういうことか!!とてもしっくり来た!!
一周全部リフトに入らなくても、これなら上げられる、上げるイメージができあがった!劇的にレベルアップした感がある!
まだベースバー押しながらやるのはイメージわかないけど?

3 周目は隣で回してるグライダーに寄せようとしてシンクにハマりそのままランディングに直行となりましたが ... この 2 周は大きかった ... そして A 東さんのアドバイスもあまりに大きかった ... さすがインストラクター、改めて偉大だと思います。

... とはいえ今回小生が A 東さんに教わったこと (3) は、ほとんどの人には不要で、ほぼ小生専用のアドバイスな感が (^_^; ... 他の人は放っておいてもそうしてる気がするので。
但し A 井さんは小生の助言をモロに受けてた影響で、小生と同じ傾向があるかもしれない的な予感がします、まあこの先はお互い気付いたことを教え合って進んでいきましょう!

最後に、土曜日は OPA K 山さんの一人勝ち、日曜日はいっしーさんの一人勝ちでした。おのれーーっ!

来年の抱負!

土曜日は北西風ほぼ全員すっ飛びの中、M 松さん 900m、N ださん 800m、だっけか。日曜日は誰が上がったのか良く確認していなかったものの、やはり北西風の中 1, 2 名 500m あたり?

特に西ランチャー壊れてから何本か板敷で飛んで切実に思うことには、誰かが上げ始めてから準備してもなんだかんだでテイクオフするのは 30 分以上かかったりして(大抵、飛び始めて間もない人がフタしてる気がする、自分もそうだったと思われるので文句はないけど)、その間に良い時間は終わってしまう。

と、いうことは、まだステイできるかできないかくらいの時にテイクオフして、サーマルが立ち上がってくるまで 30 分でも 1 時間でも頑張って粘る方がまだ勝算は高い、という結論に至る。何でもかんでも早く出る気はないものの、一応南風に限っては「これくらいの周期でテイクオフにサーマルブローが入るなら、伐採あたりに何らかのリフトがあるかな?」というカンは少しははたらくようになった、つもり。(常に正面から強く吹き込む足尾とかでは全く役に立たないカンだけど ...)

但し、低いところで渋く粘るのは超ニガテ。今年の夏頃だったか?ランディングちょい北あたり高度 100m ないところで渋くて狭い(フラットに回すと半周も入らない)サーマルにあたり M 松さんと回した時はこの高度、この渋さでそんなに傾ける(45 度くらい)んすか!?ひいぃぃーーーっ!(>_<)という感じで自分は撤退し、M 松さんはステイからジワジワと徐々に上げ直し、サーマル対応能力の圧倒的な差を思い知る。

今までは世界を目指してる訳でなくてレジャーでやってるんだから、そこまでできる必要はないかな、と思ってたんですが ... どうもここ数ヶ月キレイに一周バリオが鳴るようなリフトに全く巡り会えず、良くて半周で、一周もバリオを鳴らしたいなんて所詮は幻想なのかも ... 渋い時間帯に粘る気なら尚更、と思うに至る。

旋回の入り口にようやく到達したその昔「みんなが上がってるところなら外す気はしない」とか言ったように覚えてますが、その程度では全くダメだ、実際は「誰も上がらないところでも、自分だけは上がる気がする」というところまで到達しないとダメだ、それくらい上手くないと板敷でコンスタントに上げることはできねー。

一周入らない時はセオリー通り風上で外すようにはしてるものの、ほとんど高度ないときにリフトの外から元のサーマルめがけて戻る間の不安さが半端ない。元のリフトの場所に戻れるかどうかという不安はないものの、リフトがない場所で旋回する時の沈みっぷりが強烈に不安 ... 尾根より下で山際スレスレに半周リフトがある時は尚更で、更にトータルでマイナスになるとかなり心が折れる。なるべくフラットに、低速にしようとして、リフトの出口で失速して終わることが多い。

U 路さんにイロイロとアドバイスを求めてみたところでは、
1. 一番ダメなのは低速にしすぎて失速すること
2. U 路さんは渋いリフトでは出し気味で回してる
3. 激渋リフトでもその中にあるコアの部分ではしっかり翼を立てて回すこと。昔は半周だけリフトに入って、ということをやってたけど、最近はそういうことはなくなった、とのこと。

いきなり全部やろうとは思わないものの、今後参考にしようと思う。
尾根と近しいくらいの高さで山際で誰かと一緒に回すのも超ニガテ。

+2m/s くらいのサーマルのコアがあれば絶対外さずにガンガンに上げる自信はあるものの、それに乗るまでの過程がオソロシく大変だな〜〜 ... まあ、上手くなるためと思って修行します。

やまと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。