アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/29 O 野記録

オレは O 野だ ... 10/29 の様子を教えてやる。

この日は東風ベースだったため、オレたちは足尾に飛びに行くことにした。板敷の平和は F 富さんに任せて。

オレが足尾でテイクオフしたのは正午過ぎ頃だった。足尾テイクオフに吹き込んでくる風はいつも通り力強かった。だが、オトコは逆風にさらされているときこそ強気でなきゃいけねぇ。

オレは敢えてパラ前には行かず、デコ山を目指して行った。何故か?オレのコイビト、Malibu がそう囁いたのさ。グライダーの声を聞く! ... そいつが、オレのルールだぜ。

行けども行けども深く沈み、高度が 200m まで落ち、さすがのオレもここまで、か ... と諦めかけたとき、+3m 程のサーマルを見つけて潜り込むことが出来た。オレはそこで 660m まで上げて最高高度を更新したが、オレのあとについてきたグライダーは上がることが出来なかった。... 地球は回り、オレたちも回ってるんだぜ ... "今のサーマルは次もサーマル" ... そんな考え方は、もうお呼びじゃねぇ、ってコトさ。時代は、変わるッ! ... それが、オレのルールだぜ。

オレのサーマルは残念ながら逆転層を突き抜けるには至らなかったが、これでオレは南に進むことにした。パラ前に戻るという選択肢も一理はある。しかし、"一理"だ ... ? それぐらい、なんだってんだ?オレたちは ... 万里の道を行く旅人なんだぜ ...

南に進んだオレと Malibu は ... 何もブツからないまま高度が 300m まで落ちた。オレは来た道を振り返ってみたが、思った程に進んではいなかった。この澄み切った青い空を見ているとどこまでも進めると思う ... だけどな ... 現実はそんなに、キレイじゃねぇのサ。やむを得ずオレは引き返し、今日の第一フライトを完了した。結果的にはパラ前に行った方がチャンスが多かったのかもしれない。... だれしも、まちがいはある。人間の行動は、リクツだけじゃワリ切れねぇのさ。だからこそ、ヒトはヒトとして、トキめき、キラめくんだぜ ...

他のメンバーの活躍は N ださんといっしーさんの両名が逆転層を超えて足尾から新天地へと旅立った。そしてケンシローさんと Y 斗は逆転層に阻まれひたすらパラ前の雑巾がけに勤しんだということだ。M ゆみさんを含め逆転層を超えられなかったメンツは己の未熟さに悩み苦しんだそうだ。だが ... ヒトは、自分の問題には自分でコタエを出すモンだぜ。オレは今、オレ自身の 2 つの問題で精一杯さ。
空はなぜ、青いのか?
そして ... なぜ、広いのか ...?

帰り際に講習会場に寄ってみた。... かもたまのコネコちゃん達の様子を見るために。いつの間にか上手くなっていた U 月さんには驚かされたぜ。新たな強敵現わる ... クッ!今日も苦いぜ、オレの運命。

次回あたりはオレの手で、打ち込んでやろう。Y 斗のカンオケに、最後のクギを、な。オレのルールでは、映画の予告は見ないことにしている。お楽しみは、明日にとっておいてくれ。


(代筆 Y 斗)
スポンサーサイト

コメント

藍より青し

地球の大気は青い光を散乱する性質をもっているので、太陽の光が通るとき大気から拡散された光を目が認識して青く見えます。 突っ込むところはここでいいのかな?

是非

私としては二つ目の疑問の解答もとっても気になります。
どうなんですか?>O野さん

太陽のように熱くて、完璧なヤツを待ってます。

No title

レイリー散乱。知っているかな?
それは、(もちろん光を含む)電磁波はある粒子・分子に対して波長の-4乗に比例して散乱強度が増すというものだ。そう、レイリー卿が近似式を考案したんだ。量子力学の領域だぜ、どうしたY斗?青い光は赤い光に対して波長が短く、散乱されやすい。俺たちはその散乱された光を見てるのさ。よく言う説明で言うと、夕暮れになると空が赤く見えるのは青の光が散乱されすぎて、波長の長い赤い光が俺たちのところに届くようになっているのさ。そして俺は逆にここで疑問を持ったね。青い空から赤い空に移る際には緑色の空も存在しているんじゃないかと。波長的には赤>緑>青だからな。ただ、太陽光線は緑色のスペクトル成分が一番強いということに対して、人類の目は緑色に感度が薄く進化してしまっている。だから緑色の空は存在するが、俺たちには見えない。
 もし、地球の大気がY斗レベルに厚ければ、俺たちのこの青い空は無かっただろうな。もっと緑がかった、もしくは赤い空になっていたかもしれない。感謝感激雨あられだぜ。

ま、A子さんに聞いた話をまとめるとこんな感じかな。詳しくは本人に聞いてくれ。熱く語ってくれると思う。

よし、今日もつくば行ってくるか。

ニセ追記

そして、空が広い理由か ... どうなんだろうな。オレにもよくわからねぇんだ。

きっと、父親の背中が広い理由と同じなんだろうぜ。
空は、オレたちを強く育ててくれる父親なのさ ...


... そういえば量子力学で電磁波の散乱断面積を計算した覚えって、ない。
... そもそもシュレーディンガー方程式とマクスウェル方程式を連立すると、運動方程式が波動関数について線形でなくなる(世の中の物理屋は、「波動関数は重ね合わせの原理が成り立つ」とオウムのように繰り返し言ってる)けど、みんなどう考えてんでしょうかね??そのくせディラック方程式(相対論的シュレーディンガー方程式)とマクスウェル方程式は平気で連立してますが ...

どっかで誰かがバルス

世界は人が認識した瞬間に生まれます。
初めから世界はあるのではなく人が認識した瞬間に創造されます。
大体統計的に東京ドーム40個分くらいの空が展開されます。
それだと大して広くありませんよね?
これを見ている人は120%ラピュタを見ていると思います。
ラピュタを見た瞬間に世界にラピュタが創造されて
それに合わせるように空が広がって今の広い空になったのです。
恐るべしジブリ

No title

すまぬが詳細についてはA子さんも知らなかった。ただ、電磁波と原子・分子の相互作用については量子力学の力を借りていると聞いたことがある、という程度だ。そうかそうか、次回会う時までに調べてきてくれるのか、すまぬな。
今日はつくばまでは行けなかったが足尾往復を果たした。それもウインド勢は全員が達成したのだ。全員足尾リターン。くるまで。hamaZがMAX650程度。

世の中の役には立ちませんが

普通に電磁気学の教科書レベルの導出だと、Lienard-Wiechrt ポテンシャル(運動する点電荷が作る電磁ポテンシャル)を使います。
点電荷は電子と原子核。
電子と原子核はバネ定数 k で繋がっているとします(k は量子力学チックに決めます。どうすんだったか忘れたけど)。
入力電磁波があると点電荷は振動する電場 Ee^{iωt} によって単振動します。
後はそれを Lienard-Wiechert ポテンシャルに代入して、電磁場の Poyinting Vector を計算すればレイリー散乱の微分散乱断面積が簡単に出ます。簡単です。
但し Lienard-Wiechrt ポテンシャルの導出は吐き気がする程面倒です。専用のコピー用紙の束と、専用のボールペンが必要なくらい。

ご相談いただければ電子とか光子とかクォークとかグルーオンとかニュートリノとか W ボソンとか Z ボソンとかヒグスとか BRST ゴーストとかそれらの反粒子とかそれらの超対称性粒子とか、どんな 2 体散乱の微分散乱断面積でも計算いたします。但し、安くはない。そして重力子はモデルがないので計算できない。Supergravity は散乱断面積どころか Lagrangian 書くだけで人生が終わる(ホントに)のでやらない。超弦理論の散乱は計算したことはあるけど何やってるのかわからないし、わかろうとする気もない、あまりにダサくて。

最後に私は量子力学については計算結果は認めるけれど概念は決して認めてない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。