アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【12/18 西風爆風】板敷では泣き叫ぶ市民

強い西風にて 2 日連続で Y 斗が飛ばなかった 18 日、日本の各地で、Y 斗総書記の銅像や Y 斗総書記の功績をたたえる石碑の前に多くの市民が集まり、大声で地面をたたくなどして泣き叫んだ。国営日本中央通信が映像を自社のホームページ上に掲載した。

映像によると、詰め襟姿の高校生と見られる男女が石碑の前に整列し、石碑に描かれた Y 斗総書記の肖像画に向かって「どうか、次回は飛んでください」と叫んだ。また、Y 斗総書記の銅像の前で、軍服姿の初老の男性らが「Y 斗総書記が飛ばないなんて、私たちはどうすれば良いのですか、お話しください」と銅像に向かって呼びかけた。映像の最後では気象庁で働く男性、O 野さんが「Y 斗総書記が飛ぶのにお困りにならないよう、天気予報をさらにしっかりと支えていく」と涙ながらに語った。

一方、流山市内の板敷大使館にも、次々と花束を抱えた流山市民らが訪れた。目を真っ赤にして泣きはらした人もいた。集まった各国メディアに伝えられて Y 斗総書記が飛べなかったことを初めて知った男性もおり、「私たち国民はこれからどうすればいいのか」と取り乱していた。

Y 斗総書記(M 上さんのご無事をお祈り中)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。