アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖夜のI渡伝説

日本中のカップルが浮かれている頃、板敷では伝説と呼ぶにふさわしい珍事が発生していたことを報告しよう。

この日I渡氏は歯科行くためフライトを欠席。しかしクリスマス会には出席するとのこと。フライトを早めに切り上げ番長とY姐は買い出しに。


16:00

焼き鳥を食べながら、おでんの準備。そのさなかI渡氏が福原に到着との連絡が入る。

17:00

乾杯!! 「I渡さんまだかな~」「歩いてくるってよ」(普通歩いて来ないと思う・・・。)
その後電話をするもI渡氏も自身がどこにいるのわからず、GPSもなかったので迎えに行けず、待機となる。(つまり、飲み食いしていた)

18:00

I渡氏からメール。「星がきれいです。」おそらく山中で遭難しかかっている時間帯であろう・・・。I渡氏自身が星になったのではないかと考えたがそれはあり得ないので再び飲み食いに戻る。

19:00

再びI渡氏から連絡。OPAを通過したとのこと。しばらくしてI渡氏到着。



福原から徒歩で小一時間、どこを通ってくれば3時間半かかるのか。事情聴取によると、

  1. 登らなくていい山を登った。(どの山かは不明)
  2. 付近の住民に道を聞くも、間違いに気づき引き返す。(当然場所は特定できず)
  3. 道沿いには「痴漢に注意」の看板があった。

結局どんなルートでWINDに来たかは不明である。


おまけ:メイド姿の学生がケーキをふるまってくれました。
男連中は萌え萌えビームにメロメロになってご祝儀をはずんでました。もちろんI渡氏もいました。

    動画とった人!!アップしてね

Y姐
スポンサーサイト

コメント

No title

風の向くまま気の向くまま着いた場所が目的地
そこが吾国の裏だとしても問題ありません
星がきれいだから回り道もしたくなるというもの
真っ直ぐ目的地に向かうよりも寄り道をしたほうが
おつなものです。がむしゃらに前にすすでいると
脇に咲く花もきづかなくなりがちな
世知辛い世の中星を見ながら散策するのも
必要なことではないでしょうか?
(心配してくれた方々申し訳ありませんひらにひらにご容赦を)

No title

お詫びと訂正
本日I渡氏から時間が2時間ほどずれているとのご指摘を受けました。
たしかに日没前に福原に着いていたので上記の記事は正確ではありませんでした。
申し訳ありません。2時間繰り上げてご覧ください。

No title

時間をずらしておきました。

それはそうと、I渡さんが絶賛していた、A子さんの萌え萌えビームのビデオよろしく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。