アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWもせっせと尾根磨き・・・・(N本)

●4月29日
 前日がシゴトでこれなくて残念でしたが、前日はかなり遅い時間まで霧がとれずに良くなかったとのこと。
 で、この日も先週に引き続きリッジソアリング約35分、たった+100m程度でひたすら尾根を磨いたのでした。
 カメラがズレて、アングルが殆どの時間帯が、カメラ横向き。


 
休日の板敷のリッジソアリングにお約束の渋滞だったので、いろいろな人の画像が近距離で写ってました。
↓はOパのS木さん?

鈴木さん?

↓はI瀬君?結構カッコいいアングルかも

I瀬くん

↓かく言うワタシもこのシーン、イっ、イけてるかも~。背景が青空だったらもっと嬉しかったかも、ですが。

2012_0430_N本



●4月30日

 10時ごろ山に上がる。
 すでに、足尾に行く前のA東さんの誘導を待つために準備していた新2年生たくさん。
 その他、Oパのメンバーも含め人多し。
 そしてA東さん登場。新2年生を含め多くの人飛び立つ。
 風が強めでリッジソアリングもできていたのですが、すぐに垂れ始める。
 リッジのリフトを求めてどんどん大覚寺方面へと深追いした人が多く、A東さん、
  「おらおら、あんまり低いところで粘んなよぉ
 ところが、1、2分経っても、みな深追いをやめず、ついにA東さん、
  「早くランディングに戻って来いって言ってんだよ!
 結果、シングル機の多くが、一斉にテイクオフに向かい、10機近くが同時進入状態に
 田んぼ沈、辛うじてグリーンフィールド(ランディング)に届いた者若干名

 そんなふうにもともと風が強めだったので、この日もまたリッジで浮いていられるコンディンションかと、11:30頃より、C証以上のメンバーが次々とテイクオフ。
ところが、リッジのリフトは意外に強くはなく。その代わり、ドン曇りながらも、ぬるっ!としたサーマルが出ていて、そこそこ浮いていられる状況だったのですが、その「ぬるっ」サーマルも徐々に弱くなり、低い場所で頑張っていた人や、キモチが萎えた人がどんどん、お掃除されてしまいました。
ワタシもバリオの読みで、240mくらいになり、もうダメかと諦めかけたのですが、200mを下限リミットに設定して頑張ろうと思い、必死に戦いました。
 お前はイバラリアンで納豆で育ったんだろう!、だから、粘っこく(ねちっこく)頑張れよと、自分に言い聞かせて。

 なんとか、尾根線上にまで戻したのですが、その後もきつい展開の連続。サーマルがところどころにあるのですが全般的に弱めで、継続時間も短かったような印象。ワタシは、困ったときのTO上頼みってなカンジで、強くはなくても、サーマルの発生確率が高いテイクオフ上で上げなおしの連続。
 弱めで細めのサーマルばかりなので、回すことができず、それゆえ高く上がれないので、ひたすら八の字の連続でした。うまい人たちは、沖に出て回して上げていたようですが、それでも、すぐに垂れるようで、Gちゃん、Y浅さん、F富さん、ワタシで、高度300~500mくらいで位置関係がコロコロ入れ替わる、みたいな展開でした。

 状況が変わるのが、テイクオフ後1時間近く経ってから。
 薄日が差しはじめ、サーマルがじょじょに育ってきたもよう。
テイクオフ上に結構、強めなサーマルを見つけ、低かったので回せはしなかったけど、小刻みに八の字を繰り返して450mまで上げた後はTO左の出っ張り尾根の方へ。出っ張り尾根の稜線上でもサーマルが出ていることを確認済みだったので、いくつかのサーマルを乗り継ぐように、VGをやや強めに張って大きな旋回で回し、この日の最高高度700m+へ。
 でも、その後を続けることができず、後は一気に下がってしまい、ついにキモチも切れてランディング orz 。低高度で必死こいて戦った約1時間25分。あー疲れた。

高度グラフ

飛跡の抜粋(4/30)

Gチャンもワタシと同じ700mくらいがMAXだったようですが、それでも難台を取ってきたとのこと。さすがです。高度を距離に変える、これ課題ですね。それと効率的にあげること。どうも斜面が近いと怖くて回せない。ターンに自信がないので、他の人よりも慎重な(これなら回せる、の)基準になってる気がする・・・・。

【この日の別トピック(飛びとは別)】
・Sじさんは、大学の後輩に当たるGチャンに頭が上がらない状況が発生したらしく、1年間ランディングでの麦ジュールをおごり続けなくてはならなくなったらしい。しかも、呼び名も「Gチャン」から「Gサマ」に変更されていた。

・Y斗さん、O野さんとともにGチャンのフィールダーを借りてリフライトに上がるも、「Y斗がこのクルマを下ろしさえすれば、全てのクルマ下ろしが完了する」と言われ、飛ばずにクルマ下ろし。そして心の中に呪いを育てる

・呪い第一弾の犠牲はF富さん。Y斗と無線で話した直後、突然リフトに見放され降りる羽目になったとか。しかも降りた位置が正規のランディング場内ながらも、もっとも水浸しのキツい場所。前日、ランディング場内ながらもヘッドスライディングでスプラッシュしたらしいY斗呪いも重複していたと思われる。

・呪い第二弾の犠牲はO野さん。この日のフライト3初目の(リフライトでGチャン号のクルマ下ろししから逃れた)O野さん、伐採上空辺りで渋いながらも上げ始める。そこへ、OパショップからY斗が戻ると、とたんにO野さん上がらなくなり、あえなくランディング。

・そのO野さん、Y斗(免許取りたて)が、クルマを下ろしたことをGチャンに告げ、ついでに一言。「遠くからじゃわからないけど近くで見ると、結構クルマぼこぼこですよ」。Gチャン青ざめて慌てて確認に走り、悪いジョークと気付く。ジョークであることを一切感じさせない、笑ってない目で淡々とセリフを言うあたり、かなりの名優とみた。

スポンサーサイト

コメント

No title

自分がかっこよく写っててびっくり。
呪い怖すぎです。O野さんも怖いです。

No title

この GW は S 司さんと I 崎さんのおかげで運転の練習をすることができました。ありがとうございました。かなりビビリ運転なので後続車には多大な迷惑をおかけしておりますが。(^_^;

O 野さんは念願のつくばリターンを果たす事ができなかった上に、N ださんから「つくば行けたの?」という傷口にニトログリセリンを塗るメールをもらって、表面上は普通でしたが心の中は荒涼としていたはずです、たぶん、きっと、ひょっとして。

ちなみにつくばに行けなかった件と関係あるかわかりませんが前日の 4/29 は楽しそうに新生チェーンソーを振り回していました。近寄るのが怖いくらい、それはそれはとても楽しそうでした。

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
かすかなみなみかぜ
いちめんのなのはな

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
やまとぷらにひゃく
いちめんのなのはな

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
おおのさんぶっとび
いちめんのなのはな。

http://www.youtube.com/watch?v=RanqHsQ74uE

確かに私のような気が

写真を拡大して見ようとディスプレイにルーペあてたら四角いRGBが良く
見えましたので心眼で見たら私かもです。ありがとうございます。確かに
29日のリッジはN本さんの上を飛んでと一緒に飛ばせて
いただいてました。
翌日も似たような感じで磨いて終わったGWでした。
http://www.youtube.com/watch?v=4b1JXYi6xHI&list=UUMKswNF3ay2qOMBuV70g-Rg&index=1&feature=plcp

No title

いやいや、I瀬さん、空中で見ててもカッコ良かったっすよ。
おりしも、そのときのワタシの飛びをBぶさんがビデオで撮ってて下さったようで、そのなかにも、嬉しくなるシーンがあったので、キャプチャーしときました。
やっぱ、アレですね。機体をおっ立ててターンしているところを外側の下側から撮るとカッコいいですよね。あすぺくと比が高い機体だと特に。自分ですら、びっくりするくらい、カッチョよく見えるので・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。