アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥彦ツアー

とにかくこのツアーは私はほとんどずっと寝ていたので何があったのかあんまり良く知らず、O 野さんに日記を依頼するも待てど暮らせど何も出て来ないので取り敢えず私が聞いた限りのウワサを書き記します。他に何か重要な出来事があればコメント欄にでも追記してください。

日程:8/25, 8/26 だったらしい。

参加者:い III さん、U 田さん、Y 村さん、F 冨さん、A 子さん、K 上さん、ケンシローさん、Y 山姐さん、O 野さん、U 月さん、T こーさん、M 田さん、Y 斗、更にノブエアーからノブさん、W 子さん、A 生さんだったらしい。

・さすが去年も来ていて今年も 2 週連続というい III さんは弥彦マスターと呼ぶにふさわしい万全の準備、パラソルにクーラーボックスにスイカ、宿に風呂の手配まで行っていただけるということで F 冨さん曰く「まとまりのない自分勝手な集団」をなんとかそれなりにまとめてくださったらしい。特に Y 斗という寝てばっかりのメンバーはもう風呂行って飯を食う時間だというのに人知れず浜でグーグー寝ていてとても迷惑だったらしい。

・あまり風が良くない中、枝をバキバキと折りながら(!)テイクオフしていった VAVA さんは夜の浜に人知れず埋められてしまい、新潟の夜空の星の一つとなって講習生を見守っていくことになったらしい。

・誰も上げる気があんまりなくてむしろ早く降りてアルコールを摂取したい中、唯一人 O 野さんだけは気合い十分で弥彦の山の地形を調べ尽くし、風を読み、絶妙(と思われる?)タイミングで出ては皆と同様すっ飛び、へこたれては励まされてリベンジ、リフライトに意気揚々と上がり、またすっ飛んではへこたれていたらしい。そしてシーブリーズの夜の飲み会では Y 山さんに何度も何度も何度もそれはしつこく「夏の弥彦は上がるんですか?上がる時もあるんですか?上がる時はどれくらい上がるんですか?」と質問攻めを行い、Y 山さんをそれはそれは困らせたらしい。なんか最近レベルアップしたとかで飛びたくてたまらないのはわかりますが ... もっかい高岡行きますか?(^_^;らしい。

・F 冨さんは何でも 2 日目のサーマルで粘って今回のツアーでの最高高度を獲得したらしい。F 冨さんは自分が楽しむためにその日のサーマルを全部一人で使い果たしてしまったらしく、地元の方々も含め、F 冨さんの下に潜り込んでさえ全く上がらなくなったらしい。Y 山さんはビジターの方にサーマルを使っていただけるならそれは本望ですと、内心穏やかでないながら大人の対応だったらしい。

・A 子さんは昼間から呑んだくれて夜の部の前にはすっかりできあがってたらしい。A 東さんと入れ替わりで Y 山さんの隣に座ったが、たった 2 コト 3 コト話しただけで Y 山さんが「たすけて、アントン!」と悲鳴を上げたらしい。隣に座っていた K 上さんは「今日は止める人が居ないんで壊れ方が凄いですね」とか冷静に分析しつつ、大先輩だから自分にはお諌めすることはできません、とのことで困った笑顔をしつつ放置していたらしい。トイメンに座ってた O 野さんは A 子さんにあっという間に潰されて、おしぼりの投げ合いをした挙げ句最後は倒れたところに塗れ布巾を顔にかけられていたらしい。その後 A 子さんは店の玄関で倒れているのを発見され、A 東さんと Y 山さんが宿まで苦労して搬送してくださったらしい。

・飲み会でケンシローさんと O 野さんはいつの間にか油性マジックで顔に落書きされていたらしい。O 野さんは額に「肉」、ケンシローさんはヒゲらしく、洗っても奇麗には消えなかったらしい。U 月さんがその時の写真を撮りながら「私、新しいパソコンを手に入れたんですよ、これで写真をアップできます!」と繰り返し繰り返し説明してくれてたのを聞きながら Y 斗は本当にアップされるのかどうか、パソコンは良いとしても U 月さんのテクノロジー的に不安を隠せなかったらしいが、やっぱり案の定まだアップされていないらしい。帰りにケンシローさんが O 野さんに「手を組もうぜ」など謎の発言、謎の行動を繰り返し、Y 山姐さんから男同士でなにやってんだとかコメントされてたらしい。

・Y 山姐さんと Y 斗は密猟こそこの旅の最大にして崇高な目的と捉えており、シュノーケル他密猟道具をたくさん持ってきていたらしい。Y 斗は弥彦は初めてながら、事前の Y 山姐さんから流してもらった密猟情報により弥彦はこういうところだと思っていたらしい。

が、期待に反して何もおらず、人間以外の生き物の陰も見えず、Y 山姐さんの密猟仲間からの情報でも何も居ないそうで、Y 山姐さんと Y 斗は遂にその目的を達成することが叶わなかったらしい。しかも海ホタル見に行こう!ということで連れて行ってもらった夜の海岸でも海ホタルも見られず、本当にこの海岸に命の欠片すらも感じることができなかったらしい。A 東さんによると心の奇麗な人にしか海ホタルは見えないとのことですが、そんな馬鹿な! ... そんな馬鹿な ...

・T こーさんと M 田さんは講習に行ったところ A 東さんにまず最初に言われた言葉が「冴えねぇな」とのことで出鼻をそれは見事に挫かれたらしい。それに関係があるのかないのか、そう言う話を?飲み会で A 東さんを囲んでしていたところ、何故だったか誰も覚えていないものの突然!U 月さんが鬼気迫る感じで A 東さんに「まあ呑みなさいよ!!!」と詰め寄り ...... 新潟の空気が凍り付いたらしい。A 東さんは平謝りだったらしい。

・何人かのメンバーはナンパされてジェットバイクに乗せてもらってとても楽しかったらしい。結構怖かったらしく黄色い悲鳴が上がってたそうだが、本人がその罪を自白した所によると、M 田さんの悲鳴は茶色かった?らしい。

・O 野さんが撮ってくださった動画があるらしい。









総括としては、とりあえず O 野さんは来年の春の板敷を早目に制して、春の弥彦に行くしかないと思います。

Y 斗(生活習慣狂い中)
スポンサーサイト

コメント

No title

Y斗さんにやっぱりと言われて悔しいですが、新しいPCにまだそんなに触れていません。 
それから、なぜA東さんにお酒をつきつけたのか、理由を思い出せません・・。
でも弥彦楽しかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。