アクセスランキング
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F富さんの教えるオーストラリアのエリア (その3)

ビクトリア州ブライト周辺


ビクトリア州の山岳地帯に複数の内陸エリアがある。コンディションに応じてエリアを選べる、なんというか聖地のような場所(主観)。ポッサムがいっぱい。

Mt. Buffalo

mt_buffalo.jpg

山肌に露出する巨大岩壁が印象的。TO高度差約1000mの岩面ランチャーからのテイクオフは迫力満点で、クレイジー。岩の先には何もなく、落下願望を満たしてくれます。ただ、マリブ目線ではランディングが遠い。不安。

岩露出面の上は絶対良いサーマルがあると思うが、これもマリブ目線では辛い。テイクオフ直後にいい感じに上げてもらえれば、心のハードルはだいぶ下がるのだろうが、現実はそんなに甘くはなく、テイクオフ直後に岩面に近寄れず沖へ。沖でもサーマルは所々にあるものの、一気に安心高度まで連れて行ってくれるものはない。強力サーマルに出会い、下から吹き上がる爆裂熱風(イメージ)にびびる。山に近寄らないと、山頂高度以上には上がれない気はしたが、山に近寄る=ランディングから離れる。安心サーマルに乗っけてもらって確実に上がれるならいいが、そんな確証もなく山に近寄る決断はできず、微妙な高度、場所を彷徨った結果、身も心もランディングという悔しい結果に。とはいえ、垂直にそそり立つ巨大岩群の景色を堪能できて嬉しい。

mt_buffalo_ld.jpg

Tawonga Gap

tawonga_gap.jpg

林の中の自然斜面TO。ランディングはTOから見えないが、すぐ近くにあり安心。ここでもTO直後に上がれない=その後の戦いが非常に辛い、というデジャヴを経験し、無念のランディング。低い高度で回して流されると非常に不安を覚えるのも致命的。まだまだこのグライダーを信用できていない。

The Pines

the_pines.jpg

平地に突如現れる山壁、理想的リッジ地形。アドベンチャー的な森の中のダートが山上げ道。

理想的強風の中理想的リッジソアリングを満喫。日照が出てきてからは超巨大サーマルも出現し、頭が痛い程の上昇率を経験(同時に下降率も)。

景色は、山、牧場牧場木牧場牧場電線牧場牧場木・・という感じ。山の裏側には家やらぶどう畑、ワイナリーがありまた違った景色。

Forbes


世界選を観戦。日本チームにお世話になる。ありがとうございました。お疲れ様でした。

ありえないくらい上がるすごいエリアだけど、数多くのリスクが伴う印象。そんな中レースをしている選手の方々は、まるで別次元の人たちでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。