アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/15,16 南陽スカイフェスティバル

今年は 6 月に開催される事になった南陽スカイフェスティバル@赤湯。季節外れの台風の脅威に怯え、事前の雨予報に怯えつつも皆の渾身と執念の天気祭りのおかげで 2 日とも成立したのでした!

ウィンドからの選手は F 田さん、M 松さん、A 楽さん、U 田さん、Y 村さん、E 藤さん、I 崎さん、K 上さん、マーズ師範、N 本さん、M 田さん、やまと。

雨予報ながら曇り時々晴れ、風は南東のち南西だった初日のタスクは湯沼温泉 -> ハイジアパーク -> タカツムジTO。但しターゲット点数が高めのため、高得点を狙うにはランディングが超重要!

全体的に対地 500m 〜 600m 程しか上がらなかったもののほとんどの人は湯沼温泉ゲットしてきたらしく、ハイジアには届かなかったとのこと。
私やまとはハッツキ山 550m まで上がったけれどもとても湯沼までは足をのばす気にはなれず ... チキンぶりを遺憾なく発揮。... あの高度で湯沼まで行って帰って来れるかどうかの判断がまだ全くできない ... (-_-;;
ランディングは南で降ろしやすいが皆で壮絶な同時侵入となり、またもやチキンが入った私は無難に休耕地に降ろす。

晴れたけれども東風ベースの二日目のタスクはハイジアパーク -> タカツムジTO -> 竹の森。
東風だとやはり上げにくく、多くの人は粘って粘ってランディング。私は粘る U 田さんの下に入るも全く粘れずあえなく撃沈 ... なんという技術の差 ... !ここまで差が出るものなのか!
それでも頑張って上げた人は全部回ってゴールしたらしい ... すげぇ ...!
ランディングは真東といったところでリキさんがど真ん中!の 1 位。私はターゲットだけならこの日 2 位!

そして大会ともなれば大人の裏の駆け引きも神経がピリピリ灼け付くほどに熾烈!
「あと味の良くないものを残す」とか「スポーツマンシップ」だとか ... 便所のネズミのクソにも匹敵するそのくだらない物の考え方が命取りよ!
クックック、このマーズ師範にそれはない ... あるのはたったひとつの思想だけだ ... たったひとつ!「勝利して支配する!」それだけよ ... それだけが満足感よ!
過程や ... !!方法なぞ ... !!どうでもよいのだァーーーッ!!!

◆先にタカツムジ TO に上がった M 松さんより無線「タカツムジは南風で出れそうにないです」。
これを聞いた十分一 TO にてどちらのテイクオフから飛ぶか迷っている選手達は、この情報は真実なのか!?あるいはいい条件でタカツムジから飛ばせないための罠なのか!?疑心暗鬼に陥る ...

◆普段は他人のものまで食べ尽くすマーズ師範が何故かテイクオフで「最上屋で買ったさくらんぼ(真偽不明)」を配りだす。あまりに怪しいと思った選手達で囲んで問いつめたところやはり案の定罠であり、空中で苦しくなった選手達がトイレ同時侵入になることを狙うという、情け容赦無用の卑劣な謀略であった事が判明。

◆T 羽さんはタカツムジ TO で機体を組もうとする人々を上手く動物のフンの場所に誘導し、ジワジワと精神的な揺さぶりを狙う。

◆地元フライヤーはターゲットを外したが最後、鉄の掟によって次の大会まで 1 年間陰湿な制裁を受け続けるらしく、T 羽さんのターゲットへの執着心は鬼気迫る。

◆やまとはターゲット 1 位を逃した事について、東北大学の学生の方々にそこをなんとかお願いしますよ〜〜と大人の交渉を持ちかけてみるものの、現場を F 田さんに発見され危うく現行犯逮捕されそうになるが、辛くも証拠不十分により釈放される。

◆K 上さんは湯沼温泉パイロンを間違えてゲットするなど怪しい言動を繰り返す。FBI の見解では 3,000 円程度で他のチームに雇われている可能性が高いとの事。しかし遂にその尻尾を掴む事はできなかった。


結果としては地元フライヤーの方々が個人戦も団体戦も大健闘!
 M 松さん「覚えておけよ!」
 リキさん「TG さんも A 東さんも連れてきて作戦考えてかかってきてください♪」
おのれ〜〜!次回は私ももっと健闘してみせますぜ ... !

今回の大会はノブさんの絶妙な点数配分によって初心者から上級者まで対等に近い形で参加できましたが、おかげで大いに盛り上がりました!私は競技に出るのはこれが初めてでしたが、決まった目的地を目指し、皆で知識、経験、技術を絞ってあの手この手を尽くして飛ぶというのはこんなにもおもしろいことなのか!そしてこんなにも差が出るものなのか!悔しいものの ... とても悔しかったものの ... 非常にいい経験になりました ...!

最後に、いつも陰で支えてくださっている南陽市の職員の方々、東北大学の学生の皆さん含め大会を企画運営された方々、ありがとうございました!来年もリベンジに行きます!

やまと


↓大会の様子について、わかこさんのブログはこちら↓
スカフェス初日
RED NOB サイコー - スカフェス2日目


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。