アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/6,7 七夕的サクランボ狩りワインフェスティバルおよび今度こそ I 勢さん T 幸さん特訓十分一ツアー

なんだかんだで今年の夏前も十分一によく行ったな〜〜〜 ... と思ってた頃に、わかこさんの知り合いの方であるところの去年もたいへんお世話になりましたようこ先生からサクランボ(ナポレオン)ピッキングのお誘いを頂いたためまたしても十分一へお邪魔する事になったやまとです。引率者は顔パスであるところの最上屋さんからさくらんぼ臨時召集令状を受け取ったとされる U 田さん、Y 村さん、板敷デビューのために日々テイクオフとランディングに励んでは夢でアントンさんの罵声にうなされる日々の I 勢さん、T 幸さん。そしてマーズ師範は太極拳の審判任務が重なり、無念の欠席 ... !

結局土日とも曇り時々雨ながら、ノブさんと U 田さんの息のあったコンビネーションにより山飛び一年生チームは何本飛んだのか正確には知りませんが、I 瀬さん 5 本以上、T 幸さん 10 本近く飛ぶ ... この蒸し暑いのになんという体力 ... 凄すぎ!!
ちなみに I 勢さんは無線をノブさんカーに忘れていたためもあって若干少なめ。無線を貸してあげましょうか?と我々が申し出るも、過去に野生の勘でギリギリの線を生き抜いてきた経験のある I 勢さんは今はその時ではないと直感で判断、マイペースに練習に励まれたのでした。(実際はもう無線誘導なしでも降りれるくらい上達されてますが!)
一方山飛びデビュー間もない T 幸さんはランディングは比較的上達したものの、テイクオフはまだいまひとつ、という感じでしょうか?良い時もあるんですけれど、厳しいようですがテイクオフとランディングはどんなことがあっても「常に」良い感じでなくてはダメなのです ... !自分にも言える事なんですが、これから頑張りましょう。





そしてノブさんに「何しにきたの?」と呆れられながら土曜日早朝のサクランボピッキングに赴いたのはわかこさん、Y 村さん、やまと。マーズ師範は太極拳の審判任務が重なり、無念の欠席。なんでもサクランボの木というのは一種類だけ植えたのでは実がならないそうで、ようこ先生家の準主力のサクランボ(ナポレオン)を分けてくださるのだとか。準主力とはいえ、それでも美味し過ぎなのですが! ... さすが山形。

明らかに食べきれない量のサクランボを狩って狩ってそれでも狩って、サクランボジャムをつくるの様子。

20130706_rerorero1

20130706_rerorero2

20130706_rerorero3

20130706_rerorero4

サクランボの種取りの作業はそれはものすごく地味で地道で八百万の神々ですら飽きて放り出すに間違いなしの退屈極まりなくもしかしてシベリアの囚人が穴を掘っては埋める作業に限りなく近いとされる泣いちゃいそうなそれはタイヘンな作業であり、仮にやまとが投げ出したとしてもアメリカ海兵隊の鬼軍曹ですら「それは仕方あるまい」と情状酌量してくれそうなところを、Y 村さんには許してもらえず強くご指導いただく。「できるか、できないかじゃねえ!やるか、やらないかなんだよ!」申し訳ございません... 私の考えが甘うございました〜〜 (>_<)

そしてほとんど種取り手伝わず、明らかに手の汚れ方も Y 村さんには遠く及ばなかったものの、雨ふってきて飛べそうにないし疲れ果てた私はぐったり昼寝。と、その間に U 田さん夫妻は最上屋さんで大量のサクランボ、紅秀峰、大将錦、佐藤錦、佐藤錦亜種、なんとかという見た事もない黄色い希少種等々を買い込んではノブさん家で皆で食べ比べされてたらしい ... 私は寝てましたが(※)!ちなみにマーズ師範は太極拳の審判任務が重なり、Y 村さんに腹痛のフリして新幹線で来てくださいと打診されるも審判としての仁義が優先された結果、無念の欠席。
※次の日も食べ比べがあったので、そのタイミングで私もありがたくおいしく頂きました。

たまたまその日の夕方、えくぼプラザにて開催されていたのはワインフェスティバル。チケットを 10 枚買って様々な山形のワインを飲み比べるという二日酔い必至のイベント!シナリオ通り約一名へべれけに酔う ... ホドホドにしとけば良かったものを ... これが哀しい貧乏性の業か ... (>_<)
I 勢さんは最終ラウンド、最後のチケットを使うべく席を立つも、山形は恐ろしいところですよ ... と困った顔で帰還。どうもワイン注いでもらったついでに逆にチケットを渡されたとのこと。(^_^;

20130706_wine

そして翌日はよく覚えてないもののやはり朝練で朝早くテイクオフに上がったはずで、私は気付いたらログハウスの下で寝ていていつの間にか A 生姫も来ました。T 幸さんからはこの日何度か目のおはようございますの挨拶をされる ... 本当に何をしにきたんだか ... ある種充実したツアーな気もしますが (^_^;

昼前くらいには仮復活した私は、ドン曇りで今にも降りそうな中、よくわからないけれどノブさんの今ならテイクオフ前でリッジっぽく粘れるんじゃない?というアドバイスに従いテイクオフ。確かに山際は落ちない。若干東目でどう考えてもリッジコンディションじゃないと思うのに不思議だ ... そして劇的に渋いところまでノブさんの予言通りでテイクオフレベルより上へは行けず、ちょっと欲張って 360 回したところで苦しくなって降りる。その後出た A 生姫もテイクオフレベルでかなり長時間粘る。なんでそんな条件がわかったのか余りに不思議だったのであとからノブさんに聞いたところではテイクオフ上空に吸い上げがありそうな雲があったとのこと。更にトンビも飛んでたとか。私の目はまだまだ節穴だな ... (>_<)

2013.07.07_Yamato1

降りてのちソーセージ食べ放題に向かった U 田夫妻+A 生姫(実際は食べ放題コースにはせず、普通にサンドイッチだったらしい)と別れを告げ、リフライトへ上がっては若干西目だったので今度はハッツキ山へ行くも、どうも北っぽいようでハッツキも劇的に渋く、ノブさん誘導でがんばって粘る ...

20130707_02.gif

頑張っても頑張ってもハッツキ 7 合目あたりから上へは行けず、際どい山際を攻め続け泣きそうになりながら粘るも、ポツポツと雨が降ってきたあたりで上がりも悪くなり撤収。途中進みが悪くなったところでこれまたノブさん誘導で VG 半分くらい引いてベースバー胸まで引いてみたところ、「えっ?(゚ロ゚屮)屮」て思わず驚いた程進む。VG 引くとこんなにあからさまに違うのか ... !!しかし制御しきれずちょっと進むとヨーイングが止まらなくなり、未熟さを噛み締めながら VG を戻してランディング。ちなみに降りた瞬間雨が本格的に降り出し ... かなり危険が危なかった〜〜!(^_^;;;

ちなみに私の後ろでは昼ご飯から帰ってきた A 生姫と Y 村さん、および T 幸さんが構えていたそうで、この日も「やまとテイクオフ後はクローズ」ジンクスは二日酔いだろうとなんだろうと健在。学習した A 生姫は次からはやまとさんのバテンをどこかに隠しておきます!と再発防止策の策定を急ぐのでした。それはやめて〜〜!ごめんなさい〜〜!

いや〜〜、この夏は本当によく十分一に遊びにいったな〜〜

と思いきや、三連休は「おいしい日本酒を飲む会」が十分一で開催されるらしく、またもや十分一行きが決定!この三連休はかもたま勇者であるところの Y 路さんが新潟ツアーを企画されてたんですけれど ... Y 村さん的には「Y 路!ドンマイ!www」とのことです。三連休どちらが盛り上がるか!実に興味深い展開になってきました!?

やまと
スポンサーサイト

コメント

No title

土曜日に軽井沢帰りにもう一、二本お酒仕込んでおくから~

No title

Y斗さん、すまん。
自分のネタを書いて、見てみたら、貴兄のネタが直下にあるではないか。
またしても、被せてしもた。
別に悪気はないからね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。